2019年11月14日

臼蓋形成不全備忘録

最近の臼蓋形成不全のことについて備忘録として。

7月の後半くらいから、左太ももが急に痛み出した。
それまでは、ときどき、ゴルフ帰りの車中などにその痛みが起こっていたのだけど、それが毎日続くように。
気持ち悪い、シクシクと続く自発痛。

電車の中で、立ってるときはもちろん、座ってるときも、「痛くてたまらん」わけじゃあないけど、ずーっと痛くて気持ち悪い。
しかもイライラ感を誘う痛み。
不思議に仕事中はあんまりないな。
でも、食事中はあるか。

脚を動かしているときよりも、じっとしているときの方が痛みを感じる。

これがだんだん寝てる最中にも現れ始めて。
寝ようとしても痛気持ち悪くて眠れない。

一番ひどかったのはお盆の頃。
痛みのある太ももを伸ばすと痛みが軽減されるようで気持ちいい。
なので真夜中にベッドから出て床の上でストレッチしたり、じっとしてられないので、ただでさえ寝相の悪いのに、平常時の5倍くらいもぞもぞもぞもぞ動き回るように。

「臼蓋形成不全」という病気を知ったときに、その症状を調べていて、「眠れないほどの痛み」というのを見つけたのだけど、そのときはどういう状態のことを言ってるのか全然わからなかった。
なんで股関節の軟骨がすり減って生じる痛みなのに、股関節を使っていない寝てる最中に痛くなるんだ?って。

まー今でもなんで動かしてない時にシクシクシクシク痛むのか?というのは謎なんだけど、その「寝てる最中に痛い」状態については「このことを言ってたんだなー」と分かるようになってしまった。

進行してるんですね、着実に。

あまりに眠れないから、「手術」の二文字も現実味を帯びてきた。


折しも、大学の先輩の女性からの「二度目の股関節の手術を受けました」というラインをそんなときに受け取った。

この人は二十年くらい前に最初の手術をしてるから、想像するに、最初の手術で入れた人工股関節の寿命が尽きたのではと思う。
それで今回二度目の手術、新しい人工股関節をまた入れたということなんだろう。

気丈で前向きな姿勢に私も励まされる。
しかしできるなら手術は避けたい。

...。


と思ってたら、だんだん夜中の痛みはなくなってきた。

うーむ、不定期な周期(?)で痛くなったりましになったりするんだよね。
おかげさまで「このままの痛みを抱えて大丈夫かな」と危ぶんでいた9月のタイ旅行は無事敢行できた。
往復の狭い飛行機内では、脚は痛むのに伸ばせないからかなりつらかった。
だけど、3連続ラウンドで、そのうち2ラウンドはカートなしだったのに、滞在中は全く、1ミリも痛みを感じなかった。

これはもしかすると、マッサージのおかげかも。
特にオイルマッサージ。
太ももぐりぐりしてもらったからなー。


その後晩夏から秋にかけて、電車内とか食事中に痛くなるようなことはなくなった。
それでもゴルフした日の晩などは調子悪くなるけど、眠れないほどの痛みはない。


そして先週。
暖かいとてもいいお天気の下ラウンドしたのだけどラウンド後のパター練のとき。

むちゃ太もも固まった。
もうボール拾うのに難儀するくらいカッチカチ。
なんだこれ!?つーくらいに筋肉がこわばった。


うーん、やっぱ夏より冬、寒くなってきた方が筋肉も固まるからなー、股関節によくないんだべさなー。


だからといって、これがその夜ずっと続いたわけではなく、帰りの車中で寝てたらいつの間にか治ってた。

うーむ。
文字通り「だましだまし」という感じ。



これより三週間ほど前に一緒にラウンドした人が整形外科の先生だったので少し聞いてみたら、「まだ歩き方が普通だから大丈夫」とのこと。

ひどくなると歩き方が変わってくるらしい。
脚の左右の長さがも変わってくるとか。

こわいでちゅ。
とりあえず、よさげなエクササイズは自己流ティラピスのついでに継続し、ささやかなる抵抗をしております。

2019年夏〜秋の現状、業務連絡でした。

posted by ティー at 08:00| Comment(0) | 臼蓋形成不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

愛しの我がラミーアイスに物申す

やっと見つけました!
探し始めたのは9月?
近所のファミマにはない。
ふらっと寄ったローソンにもない。
職場近くのセブンにもない。
どこにあんの!?


と思ってたら、あきらめてた近所のファミマにいつの間にか入荷してた模様。
知らせてくれよー。

ほーんと知らせてくれよー、近くにこんなにも熱いラミーラバーがいるってゆーのにさっ!


てなことで。
嬉々として買って帰りましたよ。
その日はいい子なので我慢しました。
で、ちょっと余裕のある翌日お休みという大人の夜に。

ほれ。

IMG-4158.png

きゃー、パッケージ、板チョコラミーとほぼ同じ。
好きなの好きなの大好きなのー!!!

だけどさ、アイスってどんなんだべ?
開けてみた。

IMG-4160.png


わお「丸い」のか!

中身だ、ほれ。

IMG-4161.png

これはこれでなんかかわいーなー。
でも安めのお土産のお菓子に見えなくもないけどね。
なんていうのか、うすーいプラスチックの容器にはいってる小さいスポンジケーキ。
オレンジのジャムとか挟んでありそうな。わかるかな?

まあいいや。
そんなことが思い浮かんだので、「高級感」からは離れちゃったな。
ドンマイドンマイ。

で、一人で食べるときはこのままスプーンをざぶんと突き刺せばいいのでしょうが、この時は彼と半分こしなくてはいけなかったので、このうすーいケースからアイス本体を出そうとしました。

ほどよく溶けかけ始めてたからたやすく出てくれるかなと思ったのだけど、意外にケースにくっついて出てこない!
おそらくこれは「生チョコ」の濃さのせいなんだと思う。
粘度が高いの!
ひっぱるの!

いーねー。


で、なんとか引きずり(?!)出しましたよ。
下の方から溶け始めてたので、裏返しでございます。

ほれ。

IMG-4162.png


見栄え悪くなりましたけどね。
で、半分にして、中身チェック。


ほれ。

IMG-4163.png

ああ、もう食べたい、食べるわ!


うふーん💛。
まぢおいち。

てっぺんの黒いチョコ、これはパッケージを見ると分厚くて硬そうなチョココーティングに見えたんだけど、そうじゃなかった。
柔らかかった。
まあよい。

その下のこっくりとしたチョコレートのお味ととろけそうでとろけない舌ざわり。
これにしっかりラム酒が効いてます。

大人の味。
夜の味。
むふふうん。

さらにレーズンをかみしめた時の瑞々しい香り。
ああーいいわーーーーー。


半分なんてあっちゅーま。
もっと食べてー!



しかし。

我が愛するラミーちゃんに文句を言うのは大変憚られるのだけど、一つ言わせてほしい。(もうすでにてっぺんのチョコのことで一つ言ったけどさ)

なんか、レーズン少なくない!?


半分こしたら、レーズ三つくらいしか入ってなかったように思う。
彼に至っては「レーズンどこや、俺んとこ入ってないで?」とまで申しておりました。

少ないの?
けちってるの?
当たりが悪かっただけなの?


40%くらい増量してほしい。
あと50円アップしてもいいからさ。
頼むよロッテさん、メルティーキッスに負けるなー!!!
posted by ティー at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

アイアンのヘッドカバーを作ったものの

先々週末のゴルフでえらい大叩きをし、これはもう何かを変えなくてはと思い、やってみたのがヘッドカバーの変更。

作りかけてたウッドとユーティリティのヘッドカバーを計6本(?6枚?)、完成させたのでした。

そしたら気づいた。
アイアンのヘッドカバーも変えないとおかしい。


つーことで、急いでだだだーっと作ってみました。


ほれ。

IMG-4164.png


で、翌日日曜のラウンドの前日、土曜の練習の時に「セット」してみたのであります。


ほれ。


IMG-4166.png



まあ、なんかちょっと「くどい」感じがするけど、
IMG-4152.png

この「毛糸」のカバー付けとくよりもマシだよね。



...。


と思ったのだけど。


いやーん、素人作業ってこれだから困るわ。
サイズ、ぶかぶかのスカスカであります。

合皮の裏にはフリースを一枚重ねているのだけど、そもそもの袋のサイズがでかすぎ。
これだと、袋の中でアイアンヘッドがごそごそとぶつかり合うし、万が一キャディーバッグが倒れた時に、生地が薄いからなーんの保護にもなってくれそうにない。

いやー、一応測って作ったんですけどね。

しかも合皮って巾着にしたら、口のところが堅いから絞ってもきっちりとは締まってくれないんだよねー。



と、いろいろと不具合続出。



しかし翌日は「気分転換」にどうしても新しく作ったこれを使いたいし。




そこで、ハンドメイドに目覚め始めた頃、かぎ針でイチゴちゃんを編んでヘッドカバーを作ったことを思い出し、それを引っ張り出してきた。

IMG-4165.png


無印のボアバッグに編んだイチゴちゃんを縫い付けて、オリジナルヘッドカバーを(半分)作ったのでした。
うふふふふ。
懐かしい。
ここから私のハンドメイドすとーりぃが始まったのだったなー。
まさか手作りに凝りだすとは。


ままいいや。
とにかくあまりにスコスコなので、この袋のボア側を内側にして、作ったヘッドカバーと二重にしてみた。


ほれ。

IMG-4167.png



窮余の一策。


とりあえずこれで翌日のラウンドをしのぎました。


気分転換になったか...?


なりませんでした。
逆にストレスになったわ。



スコアも「奇跡の回復」とはならず。
お茶を濁しただけに終わったとさ。



ちぇー。
まあいいや。

とりあえず、このカバーはほどいて縫い直し決定。

ボアをいれて、「口」の部分はゴムにでもしちゃおうかなー。


また載せます。

posted by ティー at 08:00| Comment(0) | 編み物・ソーイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする