2020年08月04日

土佐遠征 Cさらに美味しいものを 食べて食べて食べまくる

三日目の朝、昨晩の豪雨の形跡はアスファルトの水たまりだけ。
寝ぼけたまま顔だけ洗って連れていかれたのは三度目のかいだ屋さん。
三度目の正直というやつを狙ってきました。
時はちょうど7時。

駐車場には先に2台の車が。
そしてちょうどお店の中から人が出てこられたので、入店のチケットなるものをもらいに行った。

もらったのは。

IMG-5644.png

伝票でしたよ。笑

「3」の数字。
3番目にゲットということでした。

ふー。
これでやっと食べられる。
噂に聞く「ミルフィーユうな重」。

しかし今7時、ウナギ11時。

どうする?
高知って名古屋よりもモーニングすごいの知ってた?
え?そうなん?
あれもこれもついてくるらしい。


なんて話してたら、当然ねえさんは近くで7時半から開いてるお店をチェックしてました。
行きました。

IMG-5633.png

卵サンドのセットをお願いしたんですけどね。
お味噌汁とパスタがついてますね!

ここのモーニングのボリュームは「すげ!」というほどではなかったけど、それでも「あれもこれも」ついてました。
数時間後には鰻が待ってるんでね。
私としてはかーるく行きたかったのだけど、見ると食べますね。
食べた。
うふふふふ。


さらに聞くところによると、高知は喫茶店の人口に対する割合が日本一だそうな。
そう思いながら車窓から眺めてると、ほんとにしょっちゅう「喫茶店」があった。


で、まだ二時間もあるので、こちらに。


どどーん!
12379513467983.png


ずっと停滞している低気圧で大荒れでしたよ。

興奮する、大荒れの海とか稲光とか♡


それでもまだ時間があるので、鰹を買いに。


IMG-5637.png

え?

ここで?
小売りしてるの???
ネットだか、地元のガイドブックだかを調べてきたんだけど...。
看板もなんもないんですけどー。


男さん二人が事務所らしきところに行ってくれました。
私とねえさんは車の中で待ってた。

数分待つと二人が発泡スチロールの箱を持って戻ってきた。


「鰹四本ちょうだいって言ったら、『え、四匹!?』って言われたわ」と。

四匹って!
買ったのは、冷凍の鰹のサク四本ですよ。
なんでも「事務所の冷蔵庫」からそのまま出していただいたらしい。
小売りはやってないんじゃないかなー。ネットのみとか?
現地に買いに来る人っていないんじゃない?
とにかくありがとうございます。


それから道の駅に行ってお買い物。
いやー南国の道の駅。
マンゴーとかメロンとか!
素敵素敵ー。

お野菜も安いし、いろいろ買えました♡

で、なんとか時間をつぶしてやっと!
やっと11時になりましたよ!


IMG-5665.png

すげひとひとひと!!!


開店早々えらい人で盛り上がっておりました。
しかし私たちは「3番目」のお札を持ってますからね!

ゆうゆうと入れましたようふふふふ。

しかしすごいですわ。
入口に「注文を聞いてから焼き始めるので場合によっては二時待つこともありうるからね」みたいな張り紙が!

外で待って中でもまだそんだけ待つのかよ!

と、わかってても来るんだね。
みんな好きだねーU・NA・GIさん!!!


ま、私たちも二時間はなくても30分は普通に待つだろうと、ドライバーさんにはほんと悪いんだけど、ビールをくぴくぴやりながら待ちます。
この待つ「間」も美味しさを倍増させますからね。

ところでもう朝から、というか二日前から「どう注文するか」で悩んでました。

ねえさん、T−ちは、ミルフィーユうな重絶対食べるとゆーてます。
しかし私はそんなにご飯いらないし。
かば焼きも好きだけど、どっちかっつーと白焼きの方が好きなんだよね。


「白焼きとビール」

くふーん、さいこー。


どーしよどーしよ、「白焼き定食」もあるけど、定食はいらんしなー。

で、決めました、「ザ・おやじセット」。

ビールとね、かば焼き一本とね、それと白焼きをみんなで食べるの。
これですわ。


ワクワクしながら待ってると、やっぱり30分近く待ったかな。
来ましたー!!!

IMG-5646.png

まずは白焼きからいただいたのだけど、みんな苦労して待って食べるのわかりましたよ。

まず当然のことながら、身がでかい。
そして厚い。

これは見た目。
それをお口に運びましたらなんとー!

皮がカリッと!
あーあんな美味しい鰻の皮を食べたことないわ。
その上にふわっとした厚みのある身が乗ってるんですよ。
お・い・し・い!

皮ねー。
焼き方ねー。
こんなにおいしいもんなんですかね。

そのあと食べたかば焼きも同様香ばしく、食べるのもったいなかったなー。

かいだ屋さんの鰻食べて、「鰻の皮三枚!」とか追加注文しそうになった。(注:そんなメニューはありません)

山椒がこれまた色も香りもよくって、かば焼きを引き立てておりましたぞ。

ちなみに私以外の全員ががっついたのが、こちら。

IMG-5647.png

「特上重」という名のミルフィーユうな重。

ほれ。

IMG-5648.png


これを食べていくとこうなるのであります。

IMG-5650.png

「層」!

お宝が埋まっているのです。
すごいですね。


私は単品でしたが、サービスで肝吸いもいただくことができました。

IMG-5649.png
満足じゃ


いやー、ほんと苦労したかいがあったというのはこのこと。
次回もぜひ早朝にお札をゲットして、やってきたいと思います。

うん、黒潮4コース+かいだ屋さんの旅かな。
絶対だわ。




で、ここで満腹になって帰る...ことはない。


朝からボリュームモーニング、そしてお昼に鰻食べたはずなんですけど。


T−ちが向かうのは香川県。

香川県=うどん県。



え、まさかのまた行列...。

IMG-5652.jpg

釜あげうどんの「長田in香の香」。
名前がやや謎なんだけど、お昼下がりに着いたと思ったら、50人以上並んでた。

しかしそこはおうどんやさん。
ものの20分ほどですぐ入店できた。
鰻より早い。


なんでもお出汁がおいしいとのこと。

鰻でもうほんとうにお腹いっぱいなんだけど、せっかく来たからということで。

「せっかく」というのはやばいですね。
なんでも「せっかく」で無理やりいっちゃうなんですよね。

どう考えても入らないと思ったけど、せっかく来たからここはもう普通の1人前の釜揚げうどん、それも「大」と「小」が選べるのに、やっぱり「本物っぽいのがいいわ」というかなんというか、本物も偽物もないんですけど、「たらい」に入ってるのを食べてみたい。

「小」1玉。
「大」1.5玉。
「特大」3玉。

「たらい小」4.5玉...。

来ましたー。

12382120445028.png


このお出汁とおねぎと胡麻でいただきます。
IMG-5653.jpg
ぐびぐび



おいしかった...のかどうかもはやわからない。

二人でたらい小を食べようと頑張ったけど、最後の方は「義務」みたいになって、それでも無理だったから、T−ちに食べてもらった。


ふー。


まあ一日胃袋においしいものをぶっこみまくって満喫しましたよ。

こうしてようやく帰路に就き、夜には帰ってこれました。
ドライバーさんありがとう。
大変楽ちんな旅行でした。


今回は本当にお天気が残念だったので、次回「完全晴れ」を狙って土佐に行きます。

あー食ったねーーーー!

posted by ティー at 12:00| Comment(0) | お食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

土佐遠征 B美味しいものを

かいだ屋さんにまたフラれたので、さっさと高知市内に戻り、そして二日目は初日と同じ失敗はしないということで予約していた大黒堂さんに。
こちらもえらい人気店でしたよ。

高知に来たからには、どうしても「これぞ鰹のタタキぜよ!」みたいなのが食べたくて仕方がなかったのだけど、前日はどーもそういうのに当たらなくて。

で、とうとうお望みのものが出てまいりました!


IMG-5627.png


うふふふふ。
あたし、鰹のタタキ、だーい好きなんです!


IMG-5626.png

こちらは「どろめ」。
鰯の稚魚だそうですよ。

ほかにもおいしいお魚を。

IMG-5628.png

金華サバ、アオリイカ、シマアジ。

シマアジ好きでどこのお店でもすぐ注文しますけど、こちらのはコリコリの上にさらに甘みが。
うふーん、おいし♡


土佐に来たら日本酒だと思ってたけど、前夜飲み過ぎてるので、ちょっとだけ!遠慮して焼酎。
高知の栗焼酎、ダバダ火振。

IMG-5629.png

いろんな居酒屋さんでダバダはよく見かけるけど、たぶん一回くらいしか飲んだことないのでは?
でもよく考えると芋とか黒糖が好きな私が栗が嫌なはずがない!

おいし。

やっぱおいしかったです。まーるいまろやかなお味。

誰が頼んだのかステーキが。

IMG-5630.png

そしてこれが「まぼちゃー」
IMG-5631.png


幻のチャーハンだそうです。

うーん、私の場合このお店では、まぼちゃーではなく、まぼしま(幻のシマアジ)という感じでした。笑



ふー。
こうして帰って車でくつろぎ。
なんと楽ちんなキャンピングカー。


そしてコインランドリーでお洗濯後、道の駅(やっぱ夜は道の駅泊が便利)に移動。
お手洗いに行って寝るつもりだったのだけど。


ここでこの旅一番の大雨が襲来。
お手洗いから車まで20メートルが、傘があっても帰れないという状況に。

でも大変美しい稲妻を何度も見ることができ、稲妻好きの私としては思いがけないプレゼントでした。
30分近くお手洗いの軒下で雨粒を多少受けながら空を眺めた。
これってちょっと「夏の思い出」」っぽい。

隣には...。

初恋の彼とかそんなんじゃなく、普通にねえさんとT−ちがいたのでしたうふふふふ。
posted by ティー at 07:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

土佐遠征 AKochi黒潮カントリークラブ

二日目はKochi黒潮カントリークラブです。

何度もテレビで見たことのある、南国の雄大なコース...。
は、あんまり見る余裕がなかった。

もういつ10ミリの大雨が降ってくるかわからなかったので。

しかしなんとかカッパなしで行けるところまでは行こうと、そのままスタート。
男女の勝負は昨日と同じで。

黒潮も土佐カンと同じように4コースあって、選んだのは黒潮コースのアウトとイン。
やはりこちらもトーナメントでは黒潮と暖流、太平洋のどのコースも使われるんですかね。

IMG-5613.png

はーいい感じー海のすぐ近くなのに山の上の方だから見晴らしいいしー。
って、雨だから「真の見晴らし」はわかんないけどさー。


と割とのんきにスタートしたら、すぐきました。
2番かな?
フロントからでもしっかり距離のあるパー3で、ティーショット打ったらもうバケツひっくり返し系の雨が降ってきて、なんとかバーディパットをOKにつけて、お先したら30センチを外した...。

ねえさん、すんません。

でもほんとに傘さしたままパッティングしたほうが入ったんじゃないかと思うくらいの雨。
さすがにきつかった。

しかしこれも10分ほどで弱まり。

なんとかそのまま回り切れました。

IMG-5614.png

IMG-5615.png


しかしこの日はこのお先を外してからずーーーと最後までパッティングが悪かった。
雨も弱まって浮かれてこんなんしてますけどね↓

IMG-5663.png


たぶんこの時はまだ、女子チームが男子チームに追いつこうと頑張ってたんじゃないかと思うんですけどね。

このきれいな滝のホールで、私はばんばんと同じようなティーショットを2回池にぶっこみましたよ。
そとのきねえさんの顔は怖くて見られなかったけど、どんな顔だったのかは想像できますスマセンスマセン。

それでもこの人のすごいところは、あきらめず、そして「バーディ取るから!」と言って本当にバーディ取るんですよねかっちょえーですわ。
だけどわたしが何をしても足を引っ張って。

IMG-5623.png

このバンカーのえげつないホール。
絶対右のバンカーだけは入れちゃダメと思ったら、見事にそっちにボールは引っ張られていきました。
なんとか一回で出せたけど、なんでああいうとき、「絶対ダメ」と思うほうに行っちゃうんでしょうね、ボールって!


はい、負けました。
完全に私のせいですごめんなさい。
カートのナビにスコア記入したから、自分のカードに記載がなくホールバイホールは分からないけど、96?打ったと思う。

ふー。


しかし雨でもやっぱりいいコースだった。

IMG-5622.png

特にインがいいかな。
きれいな「映え」するホールが多かった。

今度は4コース全部絶対回りたい!!!リベンジも!!!


てなことで、ラウンドを終えて向かった先は...。

もちろん昨日はなから相手にされなかったかいだ屋さん。
昨日は16時、今日は15時に来ましたよ...。


はい、アウト。
終わってた。

だったらいつ来たら食べられんのさ!?

聞いてみたら、朝7時に11時開店からのチケットを配るから、それを取りに来てと。


ふー。
おいしいものは大変だ。


とりあえず「すぐに食べられる」美味しいものを食べに行きましょう。







posted by ティー at 07:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする