2018年02月16日

真のお誕生日パーティ

とうとう今日から男子フィギュアが始まりますね。
ゆづ君のナルな雰囲気になじめない私(と彼)で、いつもきゃーきゃー言われてるの見てはぽかんとするのだけど、やっぱあのプロ意識の高さには感心する。
あ、プロじゃないか。
「アスリート意識」ね。
演技の質の高さも、ど素人の私が見ても「他と違うなー」と思えるし。
やっぱフィギュアって物語なんだよなー、その人の。
それが滑りで出せる人と出せない人との違い。

うふ、えらそうなこと書いちゃった。
とにかく今日も楽しみで仕方ない。
どうなるか。


さてと。

まあ何かにつけてお祝いと称し、おいしいものを食べようとするのはいつものことで。
しかし週中にはじけるのは年齢的にキビシイので、彼のお誕生日、当日はホルモンをふつーに焼いて食べました。

んでもって満を持しての「本番」は。

はい、近所のお寿司屋さんに来ましたー。



といってもこの日の彼のラウンドは史上まれにみる最悪さだったので、「ぱーっといくか!」っていう感じでもなかったのだけど。笑
もう「(お寿司屋さんに)言ってもいいけど、(ラウンドの)愚痴はなしやでー」と釘を刺して行きました。
せっかくですものね。



IMG-0762.png

やっぱおこぜはまる一匹お願いして。


まー、あれこれいただきましたよ。
一番おいしかったのは鰻でした。

「鰻食べる?」と板前さんに聞かれて「食べる食べる!」とわくわくして待ってると。
「はいこれ」


彼の方に「手渡し」。
次に私の方にもささっと握って「手渡し」。


鰻が海苔で巻かれて、えとー、なんかと一緒に巻かれてた、えとー。

...。


おいしかったことは覚えているけど、それがどんなんだったかはあまり覚えてない。
海苔のパリッとした感じと磯の香りに鰻が包まれて...。

ああ、損だ、損した。
手渡しだけに写真も撮ってないし。


そういえば週中のホルモンパーティの時も、お食事してたらねえさん&T−ちが向こうは向こうで派手にやってるお誕生日パーティの様子を写真で送ってきて、私達が「完敗」ということになったのだけど。

この日もオコゼを食べたり寒ブリのお刺身食べたり、針イカの肝焼きつついたりして至福の時を過ごしていたら、挑戦してきましたよきゃつらめ!

なんと「高知にいるー」とかなんとか言っちゃって。
「前に行ったときに食べた鰻が忘れられないからまた来ちゃったー」とかなんとか浮かれちゃってさ!


となると、こちらも私はワインをがぶ飲みしてましたが、彼がいつもは日本酒なんて飲まないのに「酔鯨飲もかー」とかいっちゃって。
調子に乗った写真を送り返しましたよ。

なんかいつも見られてる気がするわ、あの二人に。 笑


IMG-0766.png

IMG-0769.png



ところで結局お誕生日のプレゼントはこのディナーだけになりそうなのだけど。

それを英会話の先生に別の日に言ったら、「very Japanese!」って言われた。
どこがベリージャパニーズなんかなー?と思ったら、「日本人の人は歳をとったらお誕生日のお祝いをわざわざしなくなる。特にプレゼントを遠慮したりする。例えば年配の親の誕生日に『プレゼント何がいい?』って聞いたら、『プレゼントはわざわざもういいよ、お食事だけしよう』ってことになりがちじゃない?ってなことを言われた。


あー、まあそうかなー。

「他のアジアの国の人よりも特に日本人に対してそう感じる。それと日本人って、プレゼントに対してとても特別なものを欲しがる。だからみんなでお金を出し合っていいものを一つ買ってプレゼントしたりするけど、私達(先生はイギリス人)は一人一人がそれぞれ小さなものでも一つずつ用意する。」とな。


あー、それわかるー。


まあ「モノ」のプレゼントがもういいやってことになったのは、結婚してお財布が一緒になってしまったからっつーのが原因なんですけどね。
もし結婚してなかったら、もうお誕生日の一か月前からリクエストしますよ、「特別なプレゼント」を。
決して間違うことのないように、リクエストっていうか、「指令」というか。

うふふ。



まー、お正月と共にお誕生日は大切な「節目」、区切りですからね。

この一年、今年は激動が予想されるのだけど、とりあえず健康で少しは痩せるようにお願いします、ダーリンはん。




posted by ティー at 07:58| Comment(1) | お食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

オリンピック漬け

ハーフパイプ!!!


死闘とはまさにこのこと。
こんなはらはらドキドキする競技だったとは。

なんでXゲームがあんなに人気なのかよくわからなかったけど、ほーんとよーく分かりました。



ピョンチャンオリンピック。
私史上最高に熱い冬季オリンピック。

昨日はハーフパイプのあとはノルディック複合。
渡部暁斗のジャンプ順位を確認し、クロスカントリーがちょうど仕事帰りの時間帯に重なったからNHKのライブ配信とかなんとかいうのをこまめにチェックしながら電車を降り、そのままダイエーでお買い物をしてたら。

ライブ配信とやらではまだスタートしてなくて、「遅れてるのかなー」と思ったらラインが入り、「渡部銀」と...。

なぬー!?なにがライブ配信や!
一秒も見る前に結果を知ってしまった。

それにもめげず、彼と合流し、そそくさと晩ごはんのお買い物を済ませてうちでスピードスケートにくぎ付け。
いやー、あっけないものですね。
陸上なら予選があるでしょうに。
スピードスケートは一発勝負。
しかも1000メートルなんて、ビールのグラスに口をつけたらごくごくいってる間に終わっちゃう!みたいな。

いやもうそんな余裕なし。
テレビの真ん前で二人して「イケー、ノビロー!!!」
叫んでおりました。

それにしてもみんな素晴らしい。

大舞台でベストを出せるところが。
そしてそれでもその上にたまたまぽんと出てくる人がいて。
その人もすごいけど。

力を出し切った選手を見るとすがすがしいけど、それを形でお祝いしてあげたかったなという気持ち。
そしてその瞬間から次の四年間がまた始まるんだなーという、「大変だなー」という気持ち。


アスリートって憧れるけど、ほんとにしんどいよなー。


あ、もう一つ。

スピードスケートの続きで男子カーリングを観戦。
日本とノルウェーの試合で、ノルウェーの選手のパンツがラウドマウスかと思った! 笑

ピンク地にハートがいっぱいのやつ。
「バレンタインバージョン」。

かわい―と思うと同時に、上のシャツと合ってなくない?と思ったのは私だけでしょうか?
そして「カーリングのユニフォームって普通の服とどこが違うんだろう?」とも思ったのでした。

スポーツウェアは年々進化して、特に冬のスポーツなんて体温調整とか、競技によっては風の抵抗力とか、それに安全面も大切だし、機能がすごくいろいろあるんだろうな、と思うのですが。

カーリングの選手の着てるウェア、いや、あえて「服」と呼びましょう。
あの「服」、その辺でも買えるお散歩着となんら変わらなく見えちゃうのですけどー。

だぼっとした半袖。
だぼっとしたパンツ。
もちろんカーリングは屈んだりすることが多いから、窮屈な服はダメだろうけど、パンツがねー。
なんかストーンに触れそうで怖い!
もう少しぴたっとできないかなー。

日本人の選手は若くてマッチョさんが多かったから、上の「服」は違和感なかったけど。


なーんか「もうちょっとさー」と思ったのでありました。
女子はどうだったかなー?
今夜チェックしましょう。


もうほんと今、オリンピック漬け...。

posted by ティー at 07:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

エビでタイ

毎回熱心になっていくオリンピック観戦。
しかも今回は時差なし。
熱いわー。

昨晩はショートトラック見すぎて目が回りそうになった。

今日は午前はハーフパイプでしょ、夜はスピードスケート。
外食できないじゃん!
おっと複合のジャンプも始まるぞ。


ほんと大変。
そんなアスリートの活躍を尻目に、こちらは...。

IMG-0760.png


久しぶりに暖かい日にラウンド。

といっても最高気温10℃は下回ってるから余裕で寒いんだけど。
慣れって素晴らしいわ。


インから。
ボギーでOKのところを、短いパット外してダボ発進...。
次のロング、セカンド池越えを失敗してダボ...。

前日土曜にはまた練習場でスカイトラック相手に四時間打ちまくったんですけど。


そのあとはずっと「5」。
パー3も「5」だけど。
我慢我慢。
しかしボギーペースでいいっつったって、最初にダボ二つ、ショートでもダボってるとスコアは全くよくない。
前半47/16パット。


なんというか、鶏がないのがせめてものすくいというか。
最近8とか9、どっかで必ずやらかしてますので。

これで後半40前半で回れたらOKとしよう!
目指せ、80台!

といってもちょっと長いからなー。
5850くらい。
ちと長い。

なので少しでもグリーンに近づけようと長め長めのクラブを欲張って使うと、バンカーイン。
ありがちな失敗であります。
そしていつもの3パット。
50センチくらいのパットも3回外して後半50!
20パットでありました。

ううむ...。

レッスン受け始めて二回目のラウンドは、「夢のようなレッスン効果が表れて...!」というような甘いものではありませんでした。 笑


まあ夏ごろに、いや、梅雨前に。
いやGW頃に?!


いやいやそんな欲張ってはいけない。
徐々に成果が出てくれば。
スイングも変えていってるので、打つのちょっと怖いけど。
そしてまだ9番アイアンと7番アイアンしか教えてもらってないので、ウッドがよくわからんのは仕方ない。
早くウッドをじっくり見てほしいなー。
自信持って打ちたいであります、ウッドを。
そんでもってビューンと素敵な弾道でクリークを越えていってほしいのであります。

あ、欲と妄想の二重奏になってきた。


とにかくまあ彼も私もイマイチのラウンドだったので、ラウンド後の練習を久しぶりに。


そこへちょうどよく知っている年配の方々がいらしたので、ご挨拶がてらにキットカットをお渡しした。
この日はバレンタインデーの直前日曜だったので、バッグにキットカットを袋ごと忍ばせており、会う人会う人に渡していたのでした。

そしたら「お返しもうあるでー」とお一人が。

なんと!
なんとなんと!


キャディーバッグの中をごそごそして出してこられたのがこちら!

IMG-0761.png

虎屋の夜の梅。
わお。
キャディーバッグから「とらやの羊羹」。
ちょっとシュールなこの感じ。


エビでタイを釣ったのでありました。
posted by ティー at 07:54| Comment(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする