2017年06月28日

無駄だった二週間

ここ二週間、職場にもパターを持って来て、朝練昼練しましたよ。
だってさすがに毎回40パットとかってないでしょ。


で、なんとなくこれまでの自分のパッティング軌道がインに引き過ぎだったということに気付きました。
そしてもっとまっすぐ押し出すイメージで打つ方がいいのかな...。
なーんて考えて、「オリジナル打法」をあみ出しましたーどんどんどんどんどん♪

絨毯の目に合わせてまっすぐ押し出す練習をしていたので、実際「目」がない場合はどうしたらいいかと。
じゃあ自分で「ライン」を作ってやろうと。
ひらめいたのですよ、あみ出したのですよ。
ああ、私、この打法を確立して、「パッティングの名手」だなんて言われそう...。
「その打ち方変わってるけど、ほんとにうまいね」とかさー。

ぽよよよよよよよーーーーーん。

と妄想夢想しながら日々二週間だけど、パッティング練習しました。

その方法とは!


ラインを作る。
どこで作る。
腕で作る。


つまり、打ちたい方向に構えたら、パターを持った腕の肘を相当に張って、ラインと平行に腕を構えるのです。
やってみるとかなり前につんのめった感じになるけど、気にしない気にしない。
そしてそのまま手首も腕も固定して、ラインに沿って打つ。


さあ、実践です。



初めてのコース高室池ゴルフ倶楽部にやってまいりました。
噂通りのきれいなバブリーちっくなゴルフ場でした。


20170623_071706.png
これは練習場


スタートが早かったので、30分も練習できなかったけど、パッティングしました。

オリジナルマイ打法ですよ。



ううむ...。
いいのか悪いのかよくわからん。
しかもグリーンがむちゃおもでますますわからん。

とりあえずスタートした。




おおのおぉぉぉぉ。


いきなりの3パット。
そして2ホール目でまさかの4パット...。


だめなんですか、オリジナルマイ打法。
あみ出したんですよ、自分で。

結局前半21パット。

むむむーーーー。


もうこの時点で「間違ってる」ってことがわかりましたよ。

どうも構えるまでに時間がかかるし、気持ち悪いまま打ってるから入るもんも入らない。
あせると余計にまっすぐ打てる気しなくなってくるし。

でもやめたいけど、「そのうちよくなるかも」という気持ちも少しあって...。

いや、そんな気持ちもあっちゅうまに消えましたけど。


スルーで後半、3パット三回。

ああ、自分のパッティングで集中力を完全に切ってしまった。
一緒に回ったお姉さま方に申し訳ない。


後半も見事に21パット、45/48の散々な結果。
ああどうしよう。


パッティング。
この二週間は無駄だったようです。くくー。


20170623_122815.png
ろくな写真がなかった。
お天気はとてもよかったのに。











posted by ティー at 12:56| Comment(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

祝! 解禁

昨日ゴルフから帰ってきてBS朝日で録画していたアースモンダミンカップを見た。
前半後半で二つ録画していた。

前半。
久しぶりの不動さんの活躍に心躍り、鈴木愛ちゃんのパターのうまさに感心した。
そして優勝争いとなる後半の録画を見ようとしたら。

というか、後半が始まったと思ったら、雨で中断か?と思える光景。
愛ちゃんが小屋の中にいる...???


なんと後半見ようと思ったらすでに愛ちゃんの優勝が決まっていた。
全員ホールアウトしていた。

え?
録画の時間間違えたかな?

謎のまま、結果を知ってしまったのですっかり興味をなくし、録画を見るのをやめました。
なんだったんだろー???



で、彼のことをひとつ。


いやー、なんというかいいのか悪いのか。

ゴールデンウィーク明けから彼が禁酒すること約一か月半。
先々週日曜に目標にしていた競技が終わり、結果も一応目標達成。


ということで自称「ストイック生活」が終了したというわけです。

もう早いわ!
その日私の方が先にラウンドが終わり、彼を待ちながらパタ練してたら、18番上がってきた彼はアテストする前に練習グリーンにいる私の方に来て、

「終わったで!(練習)終わり終わり!」

わざわざ言いに来るのですよ。
もう早く帰って飲みたい全開!



で、全米オープン録画もあるので外飲みではなく家飲み。
途中でお肉を買ったりおいしいビールを買ったり(私は泡を買ったり)、車の中でちょっとけんかしたり、といろいろなことをこなしながらうちに付き。


で、やはり肉食の我々なのでこういう時は鉄板焼きとなり、彼は一か月半ぶりに「アルコール入りのビール」を口にしたのでした。


「あーなんかおいしくないー」



あほか。

そういうと思ったわ。


自分がいかにアルコールから遠ざかっていたかを自分自身に言い聞かせて満足するために、こんなことを言うのですよね。

ノンアルに比べておいしいにきまっとるやろがこのやろめっ!


素直に「おいしー!久しぶりのビール♥」くらいのリアクションを見せろっつーの。




とはいえ、五口目くらいには十分ビールをおいしそうに飲んでおりました。




で、焼肉だったのでビールにしてましたが、この日まで取っておいたとびきりのお酒もあるのですよ。

いぞー」。


素敵おじ様の「魔法のトランク」からひょいと出てきた森伊蔵。
この日が来るまで大事に取っておいたのですねー。


で、まあゴルフの後の解禁の一口目にはやっぱりビールってことでビール飲みましたが(私は泡だけど)、いったん鉄板焼きも終了して一息ついたら出しましょうかね。


出た!
20170618_212947.png
ジャミラ!!!



まーうれしそうですねージャミラのやつ。



で、おつまみも揃えましたよ。

20170618_213707.png
いぶりがっことカマンベール


森伊蔵。
ブームの時に何度かショットで飲んだことはあるのだけど、あんまり覚えてないんだよね。


いざ。


ほー。
こういうのでしたか。


かなり透明感のあるさわやかなタイプ。
「クリア芋」。

私は芋芋してるのが好きなんですけどね。

でも雑味がないと言うか、これ、どんだけ飲んでも酔わない気がする。
あ、酔うけど、悪酔いしないというか、「変なもん」入っていないというか。

どんだけ飲んでも翌日すっきりとしか思えないような味。
翌日残るか残らないかを焼酎の指標にするのもどうかと思いますけどね。

ほんとにクリア芋。
で、香りはお上品。


ふー。


素敵おじ様ありがとうございました。




てなことで「趣味の禁酒」が終わりました。
これでちょっと行くのを遠慮していたカウンターだけのお店などにも行けるようになった。
ああ、早く鯛蹴に行き鯛!!!


しかし妻としてどうなんでしょうかね。
解禁はほんとは憂うべくものなのかもしれない...よなー。



あ、次回は8月だそうです、趣味の禁酒。ぷぷぷ。









posted by ティー at 07:58| Comment(5) | お食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

涙の18番

20170618_062813.png


こういうことがしたかったのですよ、ハンドメイドバイザー。



四苦八苦しながらようやく完成したバイザーを投入し、日曜はラウンド。

20170618_073838.png

この日は初めての方三人と一緒に。


全く初めてでしかも三人ともお上手なことは1番のティーショットだけでよーく分かったので、ちょっと緊張しながら。

するといきなりセカンドをひっかけゴロ。
うーむ...。


しかしさほど暴れず前半45。
一度クリークにぶっこんでダボったけど、あとはボギーペース死守。

つか、ここでもう少しパーが取れればスコアもコンパクトになるのにそれができませんねー。
パッティング。


いつもよりましのオール2パットだったけど、どうもフィーリングがよくないなー。


朝練もいつもの倍くらいパターに時間かけたのだけど、どーもねー。
やっぱり強すぎるみたいで、1.5メートルほどの距離、カップが見えてる状態で打つと50センチ以上オーバー。
そのあと同じ所からカップが見えない状態(人に前に立ってもらい、その股の向こうにカップがあるように)で打ってみて、「うわ、弱いっ」って口から思わず出てしまったのに、それがジャストでカップイン。

弱いと思ってるくらいがちょうどの強さらしい。


でもこの距離でその強さで打つのって難しく、「ジャストタッチ」が「弱すぎよれよれボール」になってしまう。
考えすぎると1.5メートルショートするしなー。


ほーんと難しい。


でも後半はパーをショート以外でも拾いながらなんとか44までで回ろうと...。


思ったらいつもの11番、ロングのセカンドでクリークにぶっこみトリ。

で、その後だんだんセカンドのユーティリティやウッドでボールが上がらなくなってきたなーと思いながらの18番。


ここでパーならなんとか44未満は無理でもボギーペース死守できる!


ティーショットOK。
セカンド池越えはやばかったけどOK。
やっぱり5Wのボールが上がってくれず、ハーフトップ気味のボールがなんとか越えてくれてよかった。

あーよかった。
で、サードショットはいい場所で、ピン位置も好きな場所。
で残りアゲインストで155くらいだったからこれまた5Wでちょうどくらいやなー。
グリーンオンのイメージありあり。

グリーン上の人を待ってるときに思わずキャディさんやご一緒の方々に「私ここから打つの大好きなんですよー、乗るイメージしかないです」とか余計なことを言いそうになったけど、それはさすがにやめとうこうと思いお口にチャック。

この日ご一緒させてもらった人はどの方も感じよくって、楽しくまわれて、ついに最後の18番まで来たらそんなことまで言っちゃいそうな雰囲気になっていたのであります。




あー言わなくてよかったよほんと。



打ちました。
打った方向から45度以上右にゴロでました。
池に落ちました。
少し前から残り135ヤードくらいをユーティリティで打ちました。
ゴロが出ました。
池に落ちました。

もう少し下がって140ヤードくらいをユーティリティで打ちました。
ボール上がりました。
上がって大層左に巻いて、グリーン左上のカート道のさらに上のラフに止まりました。

ラフ深いです。
グリーン手前バンカーです。
グリーン奥、バンカーと池です。



打ちました。
いつか見たテレビの藤田さいきのレッスン番組で、井上公造がやってたみたいにピンに体を向けて斜面を払うように打ちました。
歯に当たりました。
バンカーは越えたけどグリーンも越えました。
なんとか奥のバンカーのアゴ上のラフに止まりました。

そこから打ってピンまで2メートルくらいに付けました。
もうやけくそですよ。
怒って打ちました。
入りました。
10打です。




...。



パーファイブの倍ですね。



うしろの組で回ってるねえさん達は笑ってるし。


一緒の組の人はグリーン上で待たせるし。




だいたい18番て素敵パノラマビューでレストランとかいろんなとこから丸見えだし。



...。



いやー、二発ぶっこんだらけっこうパニクるもんですねー。
最近やってなかったから忘れてたわ。

二発ぶっこむのはわかりたくないけどまだわかる。
その後のドフックがやばい。

あるかそんなの。
カート道の上まで。

そしてそんな頭真っ白の状態でもさいきちゃんのレッスン番組を思い出すなんて。


なんなんでしょうね。



前半45、後半50。
涙の18番でした。


あ、パットは18/17で3パットは一回。
私にしてはまあまあ。
気持ち悪いと思いながらも「大オーバー」がなかったからちょっとましだったのかな?






おっと、それとこれ。

20170617_113313.png


意気揚々と被ってティーオフしようとしたけど、1番のティーグラウンドで構えた瞬間、前は見にくいし、風に飛ばされそうだったし、そっこうバイザーはキャディ君に渡して「ちょっと今日は帽子なしでもいいかなー」なんて言いながらのティーオフ。

その後さすがに日焼けしそうだったので被ったけど、ブリムでかすぎて前見にくい!

デカいブリムのバイザーが欲しかったのだけど、ここまででかくて前が長いと、グリーン上でカップの確認ができないくらい。

もう構えると飛球線方向ほとんど見えないから、ヘッドアップしにくくていいかなとも思えたけど、やっぱだめ。
新しく作り直そう。
もうちょっとブリムがこぶりなやつ。

あと、頭に巻く部分もフィット感に欠けるので、考えないとなー。


次は緑のおリボンでいきましょうかね。






posted by ティー at 07:56| Comment(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする