2018年06月22日

国産牛(和牛ではない)と人唇

一昨日仕事帰りに歯医者さんに行って治療してもらった。
そのとき麻酔を受けた。


そのまま彼と待ち合わせてしゃぶしゃぶを食べに行った。




コースは一番上等の和牛食べ放題飲み放題...ではなくその下の国産牛食べ放題飲み放題。


ところで歯医者さんで麻酔してもらったら、その箇所の感覚がなくなりますよね。
そしたら面白いことに、治療の最中に何度もぶくぶくお口をゆすぐのですが、感覚ないからゆすぐ度に口から「びゅー」って水がこぼれる。
いや、吹き出す。
言うならば「勢いのない小便小僧」レベル。


ちゃんと口を閉じられてないんですよね。


おもしろいけど、こぼしちゃいけないので、慎重にゆすぐ私。
しかし口から水が「ぴゅー」と。
やっぱおもしろい。



右側だけ感覚ないから、口をパクパクさせて確認したり、軽くその部分を甘噛みしてみたり。
部分麻酔って気持ち悪いけどおもしろいよなー。


なーんておもいながらしゃぶしゃぶ屋さんに到着。


で、ビールを飲もうとしたらこぼしそうになる!


おっと忘れてた、口が閉まらんのだった。


そこから慎重にビール飲みます。
しゃぶしゃぶも慎重に。


お肉も「ちゃんと口を閉めて」と意識しながら...。




「!!!」




「あー、唇噛んでもた。感覚ないから痛くないけど。」



「〇〇ちゃん(私のこと)、口ゆがんでるよ。」


彼が気持ち悪い言い方でにやにやしながら私の顔を見ながら言う。(普段は”ちゃん”付けしない)



「え、まじで?見た目に分かるの?」
「うん、こうなってる」


某大臣のモノマネみたいな口をする。


「おおげさに言ってるんやろ」
「ほんとになってる」
「憎たらしい感じ?」
「うん」


まじで?


でもまあ二人でお食事してるだけだし、口がゆがんでようが某大臣に似てようが、ぜんぜん構いません。


食べます。



二皿目のお肉を注文。



「なんかさ、やっぱ一皿目と違うように見える」


彼がすかさず言う。

「そうかー」



食べる。


どうなんでしょうね。
よく食べ放題のお店で二皿目からお肉が変わるって言う人いますけど。
そりゃ同じ部位でも個体が変わったら多少は違う程度じゃないのーと思いますけど。


でもその日の二皿目は明らかに一皿目より硬くて。



「さっと浸けてさっと食べたら柔らかい」

などと彼はアドバイスしてくれる。



「あーそれしゃぶしゃぶしすぎ」


いちいち細かい彼。


気にせず彼の言うところの「しゃぶしゃぶしすぎ」のやつをいただきました。




「ザクー」
「うおっ!」



またやった!
また唇の裏側噛んだ!


それもお肉と思って噛んだから思い切り!

でも痛くない!!!



そうです、麻酔してるから全然痛くなく、ただ噛んだ後に、大げさに言えば噛んでるから口が開かない、だから噛んだって分かるのです。
もし自分の唇噛み切ってたら口は開くから、「唇噛んだ」って気づかないかも、というレベル。


だってさ、だってだって、唇の裏ってお肉の歯ごたえと同じなんだよ!



これ、一番上等の「和牛コース」を頼んでたら、こんなことにならなかったのかもしれない。
和牛だったらもう少し柔らかくて溶けたりしてさ、歯ごたえある唇とは違うことが分かったかもしれない。


中途半端なコースを選んだがゆえに、自らの唇を肉と間違えて食す...。




けっこういい歯ごたえでしたけどね。
好きな感じの。
「ざくー」という。
硬すぎず柔らかすぎず。

ホタテ、いや、アワビかなー。 笑



まあそれにもめげず、何度も唇の裏側を噛んでは「またやっ」と叫びながら、お食事楽しみました。
最後にはハーゲンダッツのアイスなんかも。


IMG_1327.png
抹茶、溶けるなー


わお、ストロベリーとクッキークリームがむちゃおいしい!


IMG_1328.png

おかわり♥




で、堪能して帰りましたけど、帰ってもまだ彼が「〇〇ちゃん、お口まだ曲がってるよ♥」などと言う。




気にせず寝ました。
寝たら治るだろうと。



IMG_1331.png

治りませんでした。(ニヒルな感じかい?)



(注!グロ↓↓↓)










IMG_1333.png





今日現在。


更にグロ↓注意!!



IMG-1338.png



うれしそうに見せんなっつーの!


posted by ティー at 07:58| Comment(0) | お食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

もうお前しか愛せない

地震があってから余震が怖くて怖くて。
仕事中また大きいのが来た時にどうするか、というのをずっと考えてます。

お手洗いに行くのもびくびく。
そのタイミングで来たらどうしようか、ということで。


で、お手洗いは二階。
デスクは三階。

なのでもし二階に下りてる間に地震が来たらそのまま一階へ逃げることになる。
となるとバッグやスマホは三階におきっぱ...。
そりゃまずい。

つーことで二階に行く時はバッグ持参で行ってます。

となるとですね。
また考えます。


無事一階に降りられたとしてもそこから家に帰るまで、仕事中履いてるルームシューズじゃやばいよなと。
そうなると歩ける靴も持ち歩かないといけない。


つーことで、自分の履いてきたスニーカーをスーパーの袋に入れて、自分のバッグに入れてデスクの横に置いてます。
地震が来たらすぐそれをつかんで逃げられるように。



ふー。
ほんといろいろ考えます。
考えすぎってことはないでしょうからね。



で、ですね。


IMG_1315.JPG




ナイキのブレーザー。



もうこれ気に入っちゃって、以前から洋服かまわず、なんでもかんでもこれに合わせてました。

そんなときに地震が来て、帰宅難民なんてことを考えるとますますこればっか。



パンプスだと1キロも無理です。


だいたい先日、それでもパンプス履かなきゃって日があって久しぶりに履いた。
そしたら買って全然履いてないやつだったので、両方の足、靴擦れになった。 涙



IMG_1316.JPG




実はこれ、バレンタインモデル。



限定モノって時間が経つと恥ずかしくなるかなと思ったけど、全然そんなことなく、いや、それよりもますます「かわいい」と思えるようになってきた。




IMG_1317.png

かわいいでしょ





もうお前しか愛せない。


何が言いたかったのか...。
posted by ティー at 07:58| Comment(0) | おしゃれ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

百鬼夜行的ウッド

今朝は「8時前の地震」がなくてほっとした。
二日連続8時前、オレンジの皮剥いてるときに来たからなー。
こんなときに大雨。
被害が広がらないことを祈るしかない。



さて。
ちょっと気分を変えて「大きいボール」のことにも触れてみましょうか。

昨晩ぴしっとディナータイムを21時に合わせて観ましたよ、日本戦。
いきなりのプレゼントを見事守り切りましたね。
これで残り二試合もがっつり見ないといけないことになった。
次は日曜の24時でしょ、そん次が木曜の23時...。

キビシイですね。
寝不足必至の一週間、いや、願わくばもう少しがんばってほしいなー。



さてさて。
本題いきます。



私の永遠の課題、ウッドですが、いい時悪いときの差がはなはだしい。

まあ悪いときの方がほとんどなんだけど、たまに「ああ、このタイミングで打てばいいのか」とか、「おっ、この角度で打ったらむちゃつかまえられるわ」とか、そういう「コツ」というか「ヒント」というか、「チップ」みたいなのをつかむ時があるのです。

ラウンド前日などにそういうのをつかむと、ラウンド当日はそのつかんだものだけを考えて打ちます。
そうすると迷いや弱気が薄まるのでしょうかね、まあいい結果につながることもあるのです。

でも全然そういうものがつかめないまま挑むラウンドというのはもう「疑心暗鬼」、「猜疑心の塊」、もう「百鬼夜行」なわけですよ。

どーしたらいいかわからん。
わからんまま打つ。
やっぱゴロ。




ふー。



それが先週から続いており、金夜のレッスンではアイアンしか打たなかったし、土曜の練習では死ぬほどウッドを打ったけど、なんのヒントも得られず。


そんな不安満載百鬼夜行のラウンドは月例と重なるのでした...。



IMG-1323.png

わお!素晴らしい梅雨の晴れ間


朝二箱練習場で打ってもまともに当たらず。
セカンドのウッドはゴロ確定なので、「いややなー」と思いながらのスタート。


ところが幸いなことに苦手な出だし1番2番はボギーで済んで。
3番パー3は絶妙の寄せでパー。
で、次の4番5番もパッティングが冴えちゃって。


ついでにセカンドOBか?みたいなのが木に当たって戻ってきたり、クリークにぶっこんじゃった!と思ったらラフに残ってくれてたり。

どうも今日はついてるなー。


そんな風な日だったのでありました。

なので前半42/16パット。
これはうれしい。


でも「だましだまし」感は満載。
だってセカンドまともに打ててるホールほとんどないんだもん。


で、後半。
インの方が「ゴロ打ち」にとってはやばいホールが多い...。


と、池越えのことばかり考えてたら、いきなり10番の寄せで超引っかけてバンカー地獄へ。
このパー4でトリ。

むむむーこのままずるずると落ちていくパターンが見えました。


しかしその後自分でも意外に耐えられた。
ダボなしパー三つ。
いいんじゃない?




しかし最後は「越え」が待ってる。
しかもアゲインストがやたらと強い。


ティーショットを打ったら全然飛ばなかった。
もうここはセカンドの池越えは諦めて手堅く池手前にレイアップ。

そこまできたらまあどんだけゴロでも池は越えるやろ。



ってところで打った三打目、池は越えたけど、越えた向こうの池に落ちましたーどんどんどんどんどん。



ダフリスラという高度な技が出ました。



やれやれ。

で、そこからピンまでまた池が絡む。
しかも150ヤード超。



もう完全池外して打ったら今度はバンカー。

結局最終ホールは涙の「9」で後半47/16パット。
なんとか90は切れたけど、やっぱこの18番は悔やまれるわ。


でも最近ずーーーーっと月例でヘボスコアしか残せず、いっつも下から数えて...みたいな感じだったので、いいとします。

しかしなー。
レッスンでウッドを教えてほしいけど、毎回ほぼ9番アイアンでレッスンが終わってしまう。




次回は5番ウッドしか持って行かず、それで無理やり教えてもらおうかなー。


posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする