2019年02月28日

「いいこと」ってなあに?

「練習は嘘つかない」なーんて言いますけど、そうでもないこともあるんではなかろうかと思える今日この頃。


「イップス」ってプロでもあるまいし、素人が「イップスイップス」ってそれはただのヘタなだけではー。
こんなこともちょっと思ってました。



だけど、まあ私の練習量なんて大したことがないから「イップス」とは言いませんけど、「考えすぎ」なんじゃなかろうかって気がしてきた。

とここまで書いて気づいたわ。
これじゃあさも以前はうまかった、いやそこまででなくてもまあ「普通レベル」でパッティングができてたかのようなこの口ぶり。

そんなことはなかったわ。
昔から下手だった。


でもここまで自信がなかったことはないんだよなー。


近ごろ1ラウンドで3パット4回以上は必ずやってる。
しかも50センチ以内をばんばん外してる。

くくー。
悔しい。

これさえもうちょっとマシになってくれれば。



と思ってラウンド後とかお昼休みに練習してますけど全然手ごたえないっす!
100パーない。
なんも「気づき」ないっす。



で、自信ないまま打つから全然入ってくれない。

で、先日のラウンド後も口尖がらせて「くっそーなんでヘタなままなんだよー」と呪いながら練習しました。
たまりかねた彼がやってきて動画を撮ってくれたりしました。

それでもなんかどーもねーってどれが正解なのか分かんないベーみたいなことになってました。


そこへ研修生の男の子が来たので、動画を見てもらって、「どうどう?」って聞いてみた。
すると動き自体は彼が主張するほどは悪くないそうな。
でも、遠くから見ててもボールが浮いてるのが分かって、それが気になると。
順回転がかかりにくいボールになってるそうな。

プロのボールって打った後、すーっと伸びる感じがするけど、そういうのが全然ないんでしょうなー。

で、それを直すにはボールを今よりも上で打つようにと。

お、きたぞ!


それって以前ちょっと注意してやってたことがあるんですよねー。
ソールを浮かせてテークバックしてパッティングする方法。
その方が打感がよかったんだよねー。

でもテークバックでのぐらつきが気になってやめたのですねー。


ここで具体的な練習方法を。

コインを2枚、ボールの後ろに重ねて置いて、それに触れないようにボールを打つ。
やってみた。

すると違う!
打感いい!


次にマーカーをボールの後ろのに挿してもう少し高さを作り、それに当たらないようにパッティング。

うん、やっぱ打感いい。


私、ボールのかなり下の部分を打ってたのですかね?
ちょっと高めの位置をヒットするだけで全然違いますー。

で、以前ソールを浮かしてテークバックしてたときはフェースがぐらぐらするのが気になったのだけど、今のパターは秘密兵器が入ってますのでそん時とは違う!

うっふっふ。
重りで相当重くしてますからね。

なのであんまりぐらぐらしない。



てなことで。


またおっさまのようにお昼休みにやってます。

IMG-2842.png


ボールの後ろに10円玉を5枚置いてみた。

IMG-2843.png


ちょっと高すぎかなと思ったけど、そう違和感なく打てる。


前日の練習グリーン上で教えてもらったほど感動的な打感の違いは、翌日の絨毯の上では不思議なことになかった(どこに行ったんだ!?)けど、でもこれできっちり打つ練習を当分やってみようと思う。

ほんとパターベタってやんなるわ。
「損してる」感、半端ない。
いつのまにかそれがこじれて「被害妄想」のようになってきた。



posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

お肉は効いたのか

というわけで翌日もやって参りました。
同じ服、実家で急ぎ洗濯してなんとか乾いてくれた。 笑

IMG-2824.png


しかし寒風吹きすさぶ前日から一夜明けると、なんともいいお天気に!


イチボとかさ、カイノミとかさ、ミスジとかさ、ごちをいいことにたらふくいただいた上に、当然ニンニクもばりばり食べましたよ。
そしたら当然パワーみなぎってるはずですよね!


みなぎってた。

2ホール目のロング、いつも暴れるセカンドがとても上手に打てて、上手な人とのラウンドだったので「あーよかったー変なとこ見せずに済んだ―」と安心してたら三打目。
つま先上がりのライで5Wでグリーン狙ったらシャンクみたいにキューンて右に飛んでっちゃったんですけどー!
なんで!?

そして残り60ヤードくらいの更につま先上がり、というか山の急斜面からフックのつもりでグリーンに向かって打ったら、またそのまままっすぐ飛んでっちゃって、つか飛び過ぎてグリーンの向こうのクリークへ。
そんなとこ打ち込んでる人見たことないわ、っていう場所。
前の組の人も大笑いしてた。

もー。

で、ここで「10」ですよ。
そのままずるずるいって、「あーお肉ってゴルフには効かないのねー」なんて心の中で考えたりしましたよ。
でもいいの。

この日はパッティングのお上手なことで有名な方と一緒に回れたので、「勉強させていただきます」っす。

と思って見てたらほーんとお上手。
距離感ばっちり、ライン読みも正確、そして芯できっちりヒットしてぱーんってカップに入っちゃうのです。
憎らしいくらいに。


で、私もちょこちょこと教えてもらいながら打つのだけど、苦笑いばっか。


くー。
ゲロヘタというのはこういうことなんでしょうね。

「浅めにしっかり打つ意識を持ってたらそのうち入るようになる」というアドバイスを念じながらラフからパターで打ったら、カップを超えてグリーン向こうの池に落ちましたけどー。

どうしようもない。


てなことでスコアなんて数えてませんでしたけど、今数えたら59打っとりましたわ。
まーそんくらいになるかもねーあんだけいろんなとこから打ってたら。
そしてパッティングは「23」。

慣れてきた。
しかしお願い、これが今年のワーストで収まりますように! 


お昼はお肉パワーは諦めてビールに頼りましたよあーうめー。
暑いくらいの春待ちの日差しでビール!
うめー。


しかしそれでも後半は何とかしようと思ったけど、やっぱダボ祭りで47/17パット。



どーしたらいいんでしょ。
どーしましょ。


まーとりあえず暴れたのは運が悪かったことにして、パッティングだけでもなんとかせねば。


換えたろうかなーとも思いましたよ気分転換に。
といっても私が今持ってる別のパターは一本のみ。
長さも形も重さも全然違うけどなー、どーしよー。

と思いながらラウンド後パタ練してたら、研修生の男の子にいいことを聞いた!


むむむー。

パター変えるより、その方法でやってみるかー。




てなことで「いいこと」についてはまた後ほど♥



posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

ずたぼろのときはお肉

土曜にラウンドをしまひた。

IMG-2836.png


先週中の陽気ですっかり春気分となり、浮かれた格好でコース行きましたら寒風吹きすさびておりまして、死ぬかと思ったでふー。
んでもって出だしからダボ→ダブルパーでスコアも吹きすさびまくっておりまひたー。

やれやれ。
ボール置いてもボールぷるぷる震えちゃったりして、こんなに強い風って久しぶりでひたー。

ついにはクリークの中にボールを取りに行った彼、ピッカーでボールを取ろうと頑張ってるところへ突風が吹き、お気に入りのブラッククローバーの帽子までもクリークにぶっこんでしまいましたとさ。
彼曰く、「俺が痩せたから帽子もあわへんようになってきた」とか。
痩せたら頭も小さくなるそうです。
このネタについてはそのうち書くと思います。


そんなこんなで前半53/19パット。
後半もこんな感じで、47/19パット。



私はこの日は特になんもなかったので、「あーまたやったよー」程度で終わったのですが、帽子をびしょびしょに濡らした彼、こちらの方もスコアがぼろぼろで。
翌週には競技の予選が控えてるということで、急遽翌日日曜もラウンドエントリーしまひた。



まー、こういうときは肉でも食ってよー。


つーことで。
上でも軽く触れましたけど、彼が痩せようとしてなかなか焼肉屋さんに行けてなかったのですが、翌日ラウンド→そんなら私実家に泊まるか→という流れになりまひて。

私が親の確定申告してあげるお礼と言うことで、焼肉屋さんに連れてってもらいましたーどんどんどんどん。


こうなったらお肉を拒絶してた彼もあきれるほどの変わり身の早さ。
誰よりもお肉とビールに食いついてました。


IMG-2825.png
厚切り&薄切りタン


IMG-2826.png
魅惑に2929

IMG-2830.png
じうじうー


こんなお肉の写真ばかりですが、このお店のホルモン、文句なしにおいしいのであります!
中国道沿いの辺鄙なところにあって、でも周りにゴルフ場は多いので、いかにもゴルフ帰りのおっさま達が使えるように夕方四時からオープンしてます。
最後にこんなサービスも。


IMG-2831.png


さあこんだけお肉食べたら当然翌日にはパワーみなぎるゴルフができるはずですよね!

ね!


ねーーーーーー!


posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする