2019年06月28日

降りなかったけど

IMG-3305.png


一気飲み。


ふー。
出勤して、いつものように着替えてストレッチ&ピラティスしようとしたら、ストレッチの途中で寝てしまった。
これで人に見つかったら完全に死んでると思われるわ。


昨日ホームコースの女子と初のサシ飲み。
お上品な感じで飲むんだろうなと思ってたら、予想以上に豪快だった。

IMG-3302.png

IMG-3303.png

鶏料理屋さんなんだけど。



IMG-3304.png


ビール二杯にワイン二人で二本。


飲み過ぎた。

電車、途中で降りずにちゃんと帰れたけど、謎に三万円お財布から消えていた。
お店のお会計がそんなにいくはずがなく、だいたい一緒に飲んだ女子が、彼女の分まで私が出すことは絶対に許さないタイプなので、絶対ワリカンしてるはず。
ということはタクシーか?


最寄駅から自宅までのタクシーで運転手さんに二万円あげちゃったのか?
すごい謎だけどわからないからなんともいえない...。



----------------------------------------------------------------------------
追記


!!!!!

今指摘を受けました。
上の写真、ワイン、三本目いっとるわ!
posted by ティー at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

なぜだか降りちゃうの

先週の金夜。


ゴルフ友達と初めて一緒に飲むってことになって、張り切って尼崎へ。
彼とお友達と三人で、小料理屋さんで大ゴルフ談義。
6時半に入って、なんと10時前位まで話っぱなしノンストップ。

その間ビールとハイボールず―――――――っと飲んでました。


で、さすがに場所変えようということで、移動してワインやおいしいビールを置いてるお店へ。


そこで彼は相変わらずビールを飲み、私とお友達はワインを二本飲んだ。
そしてしゃべり、またしゃべり、大笑いしてはしゃべり...。


で、帰ろか、となった。


三人で駅に向かうと、お友達の帰る三宮方面はなんと終電が終わってた。
そして私たちの帰る宝塚方面も、次が終電だと。


ぜんぜん終電のことを気にしてなかった私達。
「もう終電」という事実と、「終電を全く気にせず飲んでた」という事実に唖然とした。


で、お友達はタクシーで帰ると言ってばいばい。
私達は急いでなんとか終電に間に合った。


ふー。

で、普通なので、降りるべき駅まで何駅か停まるんですけどね。


やっぱ終電のことを忘れてたくらいだから、そんなことは覚えてるわけがない。
私、酔って電車に乗ると、「みょーな癖」が出ちゃうことがあって...。



やってもた!


ドアが開く。
降りる人がいる。

流れに乗って...。


降りちゃった。
ドアが閉まった!
ドアの向こうで唖然としてる彼の顔が見える!!!



ううー。
降りちゃったよーここどこなんだよー。


しかしそうなるとなぜか張り切って走るんです、とにかくタクシーに乗らないといけないので。
終電となるとタクシー争奪戦と相場は決まってるでしょ。
ちんたらしてたら延々と待たないといけない。

で、階段をダッシュで上がって、きょろきょろ。
タク乗り場ってどっちの階段降りんの?

構内図を確認してまたダッシュ。
幸い二人くらいしか前に並んでなかった。
こんくらいの元気があるのに、なぜに意味不明の行動を取ってしまったのだろう...。
今、これを書きながら駅を確認したら、尼崎から六駅目で降りるところを二駅目!で降りてた。


以下彼とのラインのやり取り。

「猪名寺からタクに乗ります やんなっちゃう」
「シネ 自腹な」
「仲山(中山の間違い)寄れるで」
「遠いぞ」
「寄るわ」
「でぼ(スポーツデポと言いたい)とかのほう いってます 南側」
「おけ 自爆な ラインよせ」

シネて...。
自腹とか自爆とか...。
ひどいですね。



しかしここでさらにやらかした。

やっと降りるべき駅までタクシーでやってきて、そこで彼を拾ってそのまま家に向かえばいいものを。



彼と電話で「〜の方に向かってる」と話をし、遠くの方にこちらに向かって歩いてくる彼を発見した途端。

なんでかそこでタクシーを精算して降りちゃったのですねーなんででしょ?????



彼がやってきて、私みょーにテンション高くて、「なんでか(電車)降りてしまうねんーもー」などと言ったら、「なんでタク降りるねん」と。


あ...。



当然もう深夜もいいとこ。
タクシー全然いない。


うううー。




まあなんとかその後数分でタクシーを捕まえることできて、うちにも無事に帰れましたけど。


ほーんと不思議。
なんで途中で降りちゃうんでしょ。

今回、電車だけでなくタクシーまで降りるってことが分かりましたよ。


なにがしたいんだ?



実は今夜、今回は一人でお友達と飲むことになってまして。


ああ不安。
ちゃんと帰れるかなー。
て、ほんと何歳なんだレベルの話ですけど。


世はちょうどG20のさなかですよ。
「怪しい」ってことでしょっぴかれちゃったらどうしましょ。
うふふふうふふふふー。






posted by ティー at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

ショッカー登場

昨日「痺れ鍋」のことをアップしました。
その痺れ鍋をたらふく食べた翌日のことですが...。


近くのゴルフ場の練習場に張り切ってアプローチの練習に行きました。
もともと行くつもりだったのだけど、朝ごはん食べながら見てたゴルフレッスン番組で、ランニングアプローチをユーティリティでやってるのを見、それをガシガシ練習したくなって、よけいに張り切って行きました。

なんというか、練習場で練習としてするアプローチと、実際のラウンドでやってるアプローチが違う気がするのです。
練習で普通にやってることが、ラウンドで実際のライを見たり、ガードバンカーやクリークを見ると急に「トップする」とか「ダフる」ことを考えてできなくなり、別のやり方を選んでしまうのです。
それはそれでいいんだけど、やっぱり練習場で練習したアプローチも使わないと意味がない。
つか、「易しそう」と思ってやった別のアプローチの方法でざっくりして失敗、ってことも多々あるし。

自信を持ってアプローチするためには練習を重ねるしかないであります!


ユーティリティのアプローチも、距離感さえ分かれば、ざっくりミスはなさそうだし、使えそうではありませんか!


IMG-3284.png

200球打席練習場で打った後はひたすらアプ練。

広くて人も少なかったので、のびのび練習できるであります!



ユーティリティのアプローチは、最初は簡単だったけど、やればやるほど、なんか距離感が合わなくなってきて...。
予想以上に難しかった。
芯にきれいに当たればぶっ飛んじゃうし、当たらなければショートするし。

あと、シャフトが長いから、短く持つとお腹につっかえるんですけどー。
お腹が出てるとか言わないでね。

しかしもう少し練習を積んだら実戦でも使ってみるぞ。


IMG-3285.png


二時間アプ練。


そこそこ充実。



と、ふと自分の服を見て「異変」に気付いた。



へ、変身しかかっているのか...?



IMG-3283.png

ショッカーになっていた。




前日夜の痺れ鍋の、辛い物とか痺れるものとか脂とか。

そんなもんがぜーんぶ出てきたって感じです。
急に猫背になって胸を隠しながらそそくさと帰る私でした。
posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする