2019年07月02日

ウィルキンソンは宝塚から

IMG-3297.png



ウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソンウィルキンソン!!!!!


これ、見づらいけど、自販機です。
まさにウィルキンソン祭り開催中。


先日宝塚のインド料理屋さん帰りに見つけました。
宝来橋のたもと。
大の炭酸好きの私は飛びついて写真を撮りました。(買わなかったけど)

で、今ブログにアップしようとしてふと気づいた。

なんか自販機の右側に書いてあるの。

もとのスマホの写真を拡大して見てみた。

「『ウィルキンソン タンサン』は一八八九年、宝塚の炭酸鉱泉からはじまった。」とな!!!


なんとー!

つか、なんでー!?



ウィルキンソンが宝塚から始まったって!?

調べましたよ。
そしたら神戸新聞の観光案内みたいなサイトに詳しく載ってました。
一部抜粋します。

 ウィルキンソン創業者の英国人ジョン・クリフォード・ウィルキンソンは1889(明治22)年ごろ、宝塚で狩猟中に炭酸泉を発見したとされる。温泉場の近くに炭酸水の瓶詰め工場を設け、翌90年から販売を始めた。輸出に積極的で、宝塚に高級ホテル「タンサンホテル」を開業、海外の取引先をもてなしたという。


とのことですよ。
全く知りませんでしたね。
「タンサンホテル」って、大変に素敵な名前じゃあありませんか。


で、炭酸泉ですが、武庫川周辺の開発でいつの間にかなくなっていたのが、二年前に見つかり、そして昨年の大阪北部地震で活発化したらしいです。
なので今はこの自販機がある橋の下にぼこぼこと湧いてる箇所が10カ所ほどあるそうな。


へー。


いやー炭酸好き、ウィルキンソン好きと言いながら、時にサントリー天然水のスパークリングレモンとか買っちゃったりしておりましたよ。
すまんすまん。
今後は炭酸買うときはウィルキンソン一択で!


posted by ティー at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする