2019年07月10日

「知らせ」

五月のある土曜日。
ゴルフの練習から帰ってきて家に入ろうとしたら、玄関先にトンボがいた。


その一週間後にも。


「知らせや。」
「は?」
「明日のゴルフ、うまくいく。」


...。

ま、玄関にいると危ないので、そーっと葉っぱかなんかに載せて近くの木に移動させてやりました。

翌日のゴルフがうまくいったかどうかはもうすっかり忘れましたけど。


またその数日後、トンボがいた。
いや、死んでいた。


丁重に近くに落ちていた葉っぱの上に乗せて土の上に移動させ、葬りました。



その数週間後。
またトンボ。
今度は生きてるやつ。


「また知らせや。」


...。


知りませんけどね、なんの知らせなんだか。
また移動させたんじゃないかと思います。




で、昨日の朝私が家を出ようとしたら、今度は何と二匹も!
二匹もトンボが玄関におりました。

さすがに「二匹!」と思って、歩きながらまだ寝てる彼にライン。


「トンボ二匹玄関にいた」

「知らせや」



またかよ。



と思ったら。
その後一時間ほどしてまたラインが来て。


「玄関開けたらトンボ寄ってきた」と。

「知らせやな」と。



...。


そして終いには。

「助けたトンボかも。」



...。



知らせがあるならはよ知らせてくれ、トンボさん。
かなり内気なトンボさん達です。



posted by ティー at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする