2019年08月30日

秋雨シーズンに超絶便利お道具

秋雨前線やってきた。


あーん、もう雨ってだいきらいだー。

しかし諦めて、レインブーツ(というより長靴)を履いちゃうと、これ、ちょっと楽しい。

「雨雨降れ降れ母さんがー♪」


あの気持ちちょーわかる。
普通の靴だったら絶対通れない水たまりをざぶざぶ歩いて行けるし、足は濡れないし。
楽しい。



しかし。



目的地に着いて、さあ長靴を脱ぐって時。
この時ま困るっす。


脱げないの。
全然脱げない。


まあ脚が細かったらいいですよ。
ぶかぶかの長靴だったらさっと脱げるでしょう。

しかし私の脚は太い。
長靴ぴったり。


これに加えてストッキングを履いてないともー大変。
あの大変さは経験したことがない人にはわかんないだろうなー。

長靴の口(?)と脚がぴたーっとくっついちゃって、中の空気が漏れないようになっちゃうのです。
まさに「真空パック」。
そーすっと、脚を抜こうとしてもびくともしない。


一度お座敷のお店に行ったとき、長靴履いてて往生しましたよ。
彼に引っ張ってもらった。

ま、コツはぴたーっとくっついてる口の部分に指を差しこんで空気を入れ、そうしてもぞもぞと少しずつ脚を引っ張り出すんだけど。
片足に三分くらいかかる。
わりとイラーっとくる。


前の長靴なんて、脚を引き抜く際に履いてる長靴をもう一方の脚で踏んでたから、くるぶしの辺りが破れてしまった。

そんなこともあり、「この悩み、私だけではないはず」と思って調べてみた。
すると、やっぱり世の中に私と同じことで困ってる人、たくさんいたんですね。

で、そんなときには必ずあるんです、お助けグッズが100均に。


さすが100均。



買ってきた。


IMG-3630.png
「シューストリッパー」という商品名

もともとは乗馬用のブーツを脱ぐとき用のものらしい。
それにはちゃんと名前もあって、「ブーツジャック」というお道具だそうです。


やってみた。
くぼみに長靴の踵を入れて、もう一方の脚で手前を踏んで押さえ、そして脚を引き抜くだけ。

IMG-3631.png


もう少し踵を入れてと。
IMG-3632.png

片側の足も、お道具の真ん中くらいまで踏んどかないと、お道具、折れちゃいそう。




な、くらいに踵ホールドされます。
そして片足で踏んだまま長靴の中の足をもぞもぞするとらくーに抜けまひたー♪

かがんだり、指を長靴の口に差し込んだり、ふらつくからって下駄箱で体を支えたりする必要全くなし!
きゃーらくー!

イライラ感ゼロ。
超絶すごいっす。



IMG-3633.png

脚が抜けた後、踵をお道具から外すのも大変なほど、踵ホールドされております。


いやー、素敵お道具。
これで100円。



家用と職場用に二つ買いました。
これで長靴で出かけて、お座敷のお店に行くことになっても、密かにこのお道具をバッグに潜ませておけば、恥ずかしい思いをすることはない。んなこたないか?

秋雨シーズン、ちびっと楽になりまひた。







posted by ティー at 07:58| Comment(0) | お買いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

待望のサングラスが出来上がった!

ミイラに先を越されてって話を先日アップしました。

で、私の方のサングラス、なんとか納期を早めてもらって、25日のラウンドには間に合いましたー。
前日24日に取りに行って。

そのまま帰りの車中からかけて目と体をサングラスに慣らしますよ。
そしてそのまま練習場に行って、サングラスをしたまま練習しました。

思ったほどずれず、スイングの邪魔にならなかった。
そして人工芝の照り返しが気にならない!
目への負担、違うんだろうなー。

こんなんです。
IMG-3616.png
オズニス フラット02 レンズはトゥルービューゴルフ

この組合せで行きますよ。
IMG-3617.png


で、満を持して翌日コースへ。

言われたとおり車中からかけていきましたよ。
さすがにクラブハウスでは外しましたけど。
練習場にはかけてった。

このサングラスに唯一気に入らない点があります。
それは「目がけっこう見えちゃう」こと。


レンズの色が薄いので、グラスを通して目が、サングラスにしては「丸見え」なのです。
これがちょっとねー。
「おもしろさ」を醸し出してると言うか...。

ま、いいや、目の保護を考えたらそれくらい我慢我慢。


で、ラウンドしました。

IMG-3614.png
なんかおかしい?



見た目はいいや。
別のを選んでたらもっとおかしくなってるんだもんえーですわ。
彼は私を見てニヤニヤしてましたけどね。


そんなことより、「効果」はいかに。


はい、よかったです。
まず、まぶしくない。
当たり前だけど。

で、言われてた通りフェアウェイとラフの境なんかがはっきり見える。
グリーン上の芝もくっきり。
これがラインを読むうえでむちゃ役に立ったわーという実感はなかったけど、見やすかった。

そして目の疲れが違った。
しょぼかゆ感がなかった。
これ大きい。


ちょっと高くついたし、お盆にばたばたしたけど、いいお買い物ができました。


あ、もひとつ気に入らない点があった。

鼻の上のカタはばっちりつきました。
ハーフ終わってご飯食べてる間もとれないほどに。
あまりにカタがしっかりついてるから、これ、ずっとかけてたら色素沈着してシミになるのではと不安に思うくらい。


これは仕方ないことなんですかねー。
鼻が低いからなのか?







posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

晩夏のラウンドにて思うことなど

IMG-3613.png


うーん。
お盆を過ぎて、数日雨が降ったらなんだか急に秋の気配。
コースに降り注いでたギラギラの太陽も、鳴りを潜め始めましたかな。


こうなると毎年のことなんだけど、日焼け対策が急におろそかになる。
初夏のころは「やばいでー」と思いながら日焼け止めをしっかり塗って、帽子もバイザーでは首元や頬が心もとないから、ブリムの広いハット系のものを被ってた。
もちろん足はトレンカなんかを履いてガード。


これが夏の終わりになると、「日焼け対策疲れ」というのでしょうか。
それとももう焼けちゃってるし、諦めというのでしょうか。

日焼け止めはもちろん塗るけど、例えば練習時に長袖を着てたのをやめてしまう。
トレンカを履いてたのもめんどうになって短パン素足で練習に行くようになる。

するとラウンドでもハットは風で飛びやすいからってバイザーとかキャップに変更。
トレンカの類もいやになって、素脚を日光にさらすようになる。
真夏に一生懸命さしてた日傘もいつの間にかじゃまくさくて使わなくなる。



こうなると普段の通勤でも日傘を使わなくなって...。


ちょっと早いよね。
まだもう少し日焼け対策はしっかりしとかないとね。
めんどくさがりはダメだなーと思う。
あとで慌てるのが目に見えてるんですけどね。


さて。

この日はフロントティーからハンデをたくさんもらっての競技。
最近もしや何年かぶりに調子上がってきたか?と思えなくもないので、フロントからばんばんパーを取っていく予定。

と思ったけど、1ホール目からパーパットをショートでボギー。
あかん雰囲気もりもり。


でも、4番でやっとパーがきて、5番はクリークにぶっこんじゃったけど、そのあとお昼はさんで10番までは連続パー。
鼻息が荒くなってきた!


と思ったら、鬼門の11番セカンド、ここは毎回どんないいライから打っても、目の前の5メートルくらいの幅のクリークにぶっこむのだけど、今回も失敗。

目の前のクリークはなんとか越えたものの、その奥の池にぶっこんだ。
痛恨のトリ。

で、後半失速。
41/46、パットは16/17。


これだったらお昼我慢したビール飲んでやればよかったぜ。


ところでただ今ドライバーのリシャフト画策中。


お盆にレッスンの先生に借りたTS1をラウンドで使ったら、自分のドライバーよりも振りやすくてしかも距離も出て。
(この時はフェアウェイが相当硬かったから、みんな飛んでいたっつー話だけど。)

同じくお盆に練習場の工房でやってたシブコキャンペーン。
シブコさんと同じシャフトを、まだ未発売なんだけど、いろんな重さ硬さで打てたのであります。
R2からSRまで、重さも30グラム台のものから。

ヘッドは自分のを付けることはできなかったので、工房の知らないヘッドで打ってみて、自分のドライバーと比較。
するとヘッドスピードの測定器で、差が歴然。

R2、SR、Rの順番で試したのだけど、どれも今のドライバーよりヘッドスピードが上がった。
軽く2、3は違う。

で、一番早かったのはSRだけど、これはちょっと硬くてきびしい。
瞬間風速的にすごいヘッドスピードがでるけど、続かない。
するとやっぱRかなと思うのだけど、コンスタントに平均してスピードが出たのはRよりもR2。

不思議。

しかし総じてボールは右にばっか飛んでた。
曲がらない。
右に真っ直ぐ。
これも「直進性」っていうのでしょうか!?


私のグローレFがもともとフックフェースなので、スクウェアフェースのものを使うとどうしても右に出やすいとは言われたけど。
どうなんでしょう。
9月に発売されたら、自分のヘッドを付けて試打することもできるから、そんときもっかい試そうか。
振り抜き感はとてもよかった。


とにかくもう少し振れるシャフトが欲しいのであります。
んでもって、せめて10ヤードは飛ばしたい。

できれば20ヤード。

えっへっへ。
欲の塊です。

posted by ティー at 07:57| Comment(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする