2020年03月13日

ヘナをやってみた!

「ヘナをやる」に到達するまでに、いろいろ試行錯誤疑心暗鬼があったんですけど、とりあえず実践。


やり方についてもネット上にはいろんな情報があり、まーとりあえずヘナ100パーの場合は粉を溶いてすぐに使うより少し時間を置いた方がいいとのご意見が優勢。
色素が溶け出すには時間がかかるんだそう。

その「時間」なんですけど、3時間とか一晩とか。
でも私の場合平日にしようと思うと、「前日夜溶く→翌日夜する」しか方法はない。

ので、一日寝かせますよ。

IMG-5016.png

ボウルにヘナパウダーを30グラム(ショート用)くらい入れてお湯で溶く。

いろいろ調べながら慎重にやってるんですけどね、なーんかいつもどこかで「あわわ」みたいなことになるのはなんででしょうね。
今回も、お湯は40度から50度くらいって情報を仕入れていたのに、「まあ水道水使うなら一回は沸騰させといたほうがいいやろ」と思い、沸騰させ、その熱湯があまり冷め切ってない状態で、待ちきれなくて、ボウルにぶっこんだのでした。

ちょっと早かったかなーなんて思いながら。

後で調べたら、「熱湯は絶対ダメ」っていろんなところに出てました。
色素が死んじゃうとか。

殺しちゃったのかー。
これでうまく染まるんであろうか。


とにかくパウダーを泡だて器でかき混ぜましたよ。
泡だて器、ちょうど小さいのが余ってたから、これをヘナ専用にしよう。

で、ボウルはいいのがなかったので、いつもお料理で使っているやつにラップをかぶせて...とやってると、かき混ぜてる最中にラップ破れました。

...。

なので途中でラップは捨てて、直接食用ボウルでヘナをかき混ぜたんですけど、これってどうだろ。
今後お料理に使うのは憚られるなー。
ヘナ専用に格下げかなーもったいないなーきれいに洗ったら大丈夫かなー考え中。


ダマがなくなるまでかき混ぜるのはけっこう大変でした。
五分くらいかき混ぜないといけなかった。

それを冷蔵庫で保存。


翌日夜。

仕事から帰ってきてお風呂で髪を洗ってスタンバイ。

IMG-5017.png


染める時に使うゴムのグローブ、汚れ防止のタオル、塗布後に髪に巻くラップ、そしてその上に被るシャワーキャップ。
あと、顔の周りにヘナが付くのを予防するワセリン。
まあ家にあるものでそろいますな。特別なものは不要。
で、服は汚れてもいい黒い部屋着。

さあ、やってみよう。

ここでまた「あわわ」。


ネットのどこかで、ヘナを塗布する場合は湯煎して少し温めた方がいいと。
私の場合一晩冷蔵庫で寝かしていたから、冷え冷え状態。
見た目も硬くて塗りにくそう。

なのでまたも!
熱湯を沸かして、湯煎しましたよ。

これがやり過ぎ。

IMG-5018.png
ほれ

気づいたら、ヘナの縁が茶色く変色し、固まってる!
「あわわ」再来。

あわててグローブをはめた手でかき混ぜて、頭に揉みこみました。
なんでもやり過ぎはいけませんね。


この頭に塗布する作業。
これは私はショートなので、思ってたよりよゆーでらくしょーでした。
ヘナをつかんで髪に揉みこむのみ。

髪を染めるのって、ブロッキングして専用コームで塗り塗り...みたいなのを想像してたのだけど、ワイルドでOK(だと思う、ショートの場合)

そしてこの作業がなーんか面白くって、こんなことをしてみたり。

IMG-5021.png
はにわっていたよね?


この「髪型」で下を向いたら、髪の先っぽが壁に付いて、壁に茶色のヘナがついてまた「あわわ」しましたけど、これは簡単に濡れティッシュで落ちました。

リーゼントみたいに頭、というか「髪型」が長い人なんかも、きっと慣れるまでは予想外に変なところに自分の髪をぶつけたり、髪が何かに巻き込まれたりするんではなかろうか。
用心用心。

で、ですね。
これにラップを巻き付けドライヤーで数分温め、シャワーキャップをかぶります。
そして説明書ではこのまま1時間ほど放置と。

しかし私はこれから晩御飯を作り、食べ、飲み、録画したテレビを見る。

これらを全てこなした結果、放置時間は3時間となりました。
途中若干頭が気持ち悪いなと思ったけど、まあさほど気にならない程度。

「熱湯」で溶いたり、湯煎してヘナを変色させたりしたのが気になってたから、放置時間は長い方が染まるかなとも思い。


で、わくわくしながらシャワーで流して、いつものシャンプー&トリートメント完了。
シャワー後はヘナを流して床が染まったら嫌だったので、簡単に洗剤で掃除をし。
タオルドライするときは、タオルに色がつかないかと注意したけど、特にそんなことはなく。

ドライヤーで乾かしました。

その間でもわかる。
なーんか茶色くなってる。
特に一番べっとり塗ったかなーと思われる、左側のおでこ周り。
ここって細い芽ネギ級の白髪の「巣」となっていたので、一点集中的に塗り込んでやったのでした。

乾く前でもわかる。
つか、地肌も染まっとる!

はい、乾きました。

ほれ。

IMG-5022.png

茶色くなってます。

黒髪も若干明るくなってますかな。
そして白髪はオレンジ色になってます。

IMG-5025.png

うん、白色の毛より目立たない。

髪をかき回してチェックしたけど、白い毛は見えなくなった。


そして気になるにおい。

私は全く大丈夫でした。
「草」っぽい、青臭いにおいはばっちりあります。
だけど、よもぎの香りが好きな人はOKだと思う。
私なんて、においそのものに限って言えばむしろ「好き」くらい。

だけど、「他人が私の頭から『草のにおい』がしてきたと思ったら」...。
そこだけかな、気になるのは。

そんな感想を持ってたんですけど、オイオイイヤイヤイヤ!

すごい。
うわーすごい!!


なんと、髪がさーらさら。

普通にざざーと手で乾かしただけなのに、天使の輪がつるーんとできてました。


ほれ。

IMG-5024.png


で、手触りがとても柔らかい。
久しぶりの感覚です。


ヘナ、もしかしてすごくいーんでないかい?


ほれ。

IMG-5026.png
わかるかに?



色味はやっぱり赤味が強くてタイプじゃないんだけど、この手触りはたまんないっす。
やってよかった。


色は、ヘナ100%をもう少し続けてから、インディゴをちょっとずつ混ぜていこうかなーと思ってます。

以上、セルフヘナ体験記でありました。











posted by ティー at 07:58| Comment(0) | おしゃれ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

ヘナをやってみた! に至るまで

白髪。


白髪ってなんで普通の黒い髪の毛より太くて硬いんでしょうね。
いえ、おでこ周りのような場所のやつらは細いんですけど。
野菜でいうと芽ネギレベル。
それではなく、もっと奥深いとこに生えてくるやつ。
それはもう野菜で言うと、千住ネギ。まあ普通の長ネギですわな。
地中に張ってるような。

そんなやつを見つけては抜くのが癖?趣味?なんですけどね。
抜いた時に気持ちいいの。
で、抜いたそいつを、ほっぺなど顔の柔らかいところに「つんつん」と押し当ててみて、その強さを測るんですよ。
で、弾力があり、「皮膚を押す感」があればあるほど、「ええ大物を見つけて成敗してやったわ」と満足するんですよねーマーヘンタイデスワ。

しかし。
前までは探して探してやっと見つけた!みたいな感じだったのに、最近ではよゆーで探せるのです。
もう、髪を「一かき」すると一本出てくる、みたいな。

そのことを美容師さんに言ったら、「あんあり抜くのはよくないですよー、抜いたらそこからまたぴんぴん飛び出てきて目立ちますしね」なんて言われたのです。

むむむー。

そのぴんぴんしたやつを抜くのがきもてぃーんですけど。


とは言えなかった。


しかしなー。
これ以上目立ってくると困る。
でも髪を染めるのは絶対嫌だ。
なぜって、どんなに優しいカラーリング剤でも、絶対髪にはダメージを与えるから。

しかも染めるほどではまだないんだよね。
「探すと見つけられる」レベルなので。


そこで、シャンプーしながらなんとなく染まっていくやつないかな?と探してみた。
するとあるのはあるんだけど、結局それも、量の多少はあるけど化学物質が入ってるみたい。
現状より悪くするのは絶対嫌なの。
今使っているものに悪いものが加わるのは嫌なの。

で、天然ヘナにたどり着いた。
シャンプーに混ざっているのとかではなく、天然ヘナ100パーセントの粉。
これを使って染める。

しかもトリートメント効果もあり。

ヘナねー。
20代の頃に一度だけサロンでヘナトリートメントしてもらったことがある。
そのときは「髪が少しオレンジがかりますよ」と言われたけど、そんなにわからなかった。
そしてトリートメント効果もあんまり感じなかったよなー。
大丈夫かなー。
でも何か対策が必要だし。

自分でするって大変そうだけど、変なもの髪につけるより良くはないか?
しかも「白髪染め」って言うとテンション下がるけど、「トリートメントする」と思えば気持ち的にハッピーだわ。

つーことで、買ってみました。

IMG-5015.png
マックヘナ

マックヘナ、色は選べるんだけど、天然ヘナ100%というのを選ぶとなると、「ナチュラルオレンジ」のみ。

うーん、髪がオレンジ系に染まるっていうのは、ほんとはきらいなんだけどなー。
好みは「黄色味」が強く、ちょっとグリーンがかっているような感じかな。
赤味が強いと、なんだかパサパサに見えやすい気がするんだよね。

なので、「ナチュラルオレンジ」よりもう少し赤味を抑えられる「ナチュラルブラウン」とか「ナチュラルライトブラウン」、それか一番黒髪に近い「ナチュラルダークブラウン」てのもあったんだけど。

これらはヘナにインディゴを混ぜて黒くしているとのこと。
で、インディゴも天然なので、どれも「天然100%」には違いないんだけど、私の調べた限りでは、トリートメント効果がヘナ100%とヘナ+インディゴだと、ヘナ100%に軍配ありだったのです。


ふー。
長いわ。

てなことで、実際に初めて使ってみたことを次回アップします。
posted by ティー at 07:58| Comment(2) | おしゃれ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

沖縄 2020 最終日のいろいろを

ようやく沖縄2020、最終記事です。
書くと相変わらず長いなー。

いきます。

ゴルフが終わって、少しだけサウナにも入り。
やっぱサウナってきもちいーわー。
二日連続で入ったけど、ほかに誰もいないから、まあなんつーか、それはそれは大胆な格好でストレッチしまくりでしたわ。

そしててっかてかちゅるっちゅるのお顔で車に乗り、許田の道の駅まで行きました。
島ラッキョウと、ラウンドでほぼ飲んでしまったシークワーサー買いたい!

117.png

インターの許田はずっと利用しているけど、道の駅に来たのは初めて。

いろいろある!

119.png
ぼりーみーでしかも安い!バーガー達

120.png
揚げ物祭り

121.png

ニガナ&サクナ。
名前の通りなら、ニガナが苦くて、サクナがサクサク...?じゃないよね???
葉っぱモノが大好きな私は、興味津々。味見したかった。
葉の薄さと緑の濃さが大変にタイプなのであります。

でも買えない。
かさばり過ぎ。

アテモヤってナニモヤ?!
123.png

マンゴーよりも甘いそうです。
くー、食べたい!

ここで島ラッキョウも見つけたのだけど、彼がこんなんもあるって呼ぶから。

124.png
天ぷら屋さん


ここでまたもずく天、おばちゃんが揚げてるのをそのまま袋に入れてもらった。
125.png

さすが揚げたて。
うめー。

彼はこちら。

126.png

127.png
ほれ、黒糖味だお


こーんなのんきなことをしてましたらね。
売り場に戻ったら島ラッキョウは影も形もありませんでしたよオーノー!
売り切れとりました。

しまった...。


しかし買いたかったシークワーサー果汁100%もスーパーで買ったのと比べると高いし。

つーことでまた近くのスーパーに行くことにしました。
時間に余裕があってよかったわ。

128.png
タウンプラザ、お世話になります


しかしここで島ラッキョウを聞いたら「売ってない」と。
地元の人はどこで買ってるんだ?

シークワーサーは安いのがあったのでゲット。
そして豆腐ようも見つけたので、それもゲット。

それにしても鮮魚コーナーは面白いからいろいろ見ていると、驚異のもずく発見。

129.png
デカっ!!!

座布団級のぼりうむで売っとります!
いつも私がスーパーで買うやつの何倍なんだよ、ちみー!


てなことで購入決定、もちデカい方。

130.png

あーなんかすっきりー。

ちなみにこの大もずく様は、彼が水漏れを大変心配するので、ビニールで何重にも梱包し、最後に私のランジェリーケースに入れてスーツケースにぶっこみましたよ。
無事帰ってきてくれました。

で、後日談となりますが、早速数日後に家でもずく天を作ったのです。
あの、しまあかりさんで出会った女性に教えてもらった通り、衣を作るときお水は入れないで。
小麦粉と卵、これに適当に水切りしたもずくを入れて。


そしたら。

ちょーおいしくできました。
ほーんとおいしく。
衣が重くなくてかるーい仕上がり。
しかも玉ねぎとか入れずにもずくのみの贅沢な一品。

手前みそ全開ですが、今まで食べたどのお店のもずく天よりおいしくできた!
ドダ!マイッタカ!オバチャンアリガト!(って、私の方が年上みたいなんだけど)


こうしてレンタカーを返し、空港に戻りました。

131.png

132.png

無事空港で生の島ラッキョウも買えましたよ。


で、ほんとに最後の晩餐 in Okinawa!

迷いながらもやっぱり今年も琉球回転寿司 海來。

夕日とともに離陸する飛行機が見られることを楽しみにしていたら、日がまぶしすぎるってことで、分厚い外の見えない窓が閉まってました。
残念。


しかし食欲には関係なし。。

133.png

お寿司までにがんがんいく。

136.png

135.png

137.png

これ、中身丸ごとチーズ。
これで多少やられた。

ここからは音声なしでお伝えします。

134.png


138.png

139.png

141.png

140.png

なんか彼はまだ最後食べてましたけど、時間が迫ってきまして。
余裕があると思ってるといつの間にか時間ギリギリってのが空港の摩訶不思議ですね。

冬眠前のリスみたいにほっぺたふくらませてお寿司詰め込んで、アオサのお吸い物で流し込んでました。

時期が時期だけに回転寿司はどうかと思ったけど、全て注文してから握って持ってきてくれるので大丈夫でした。
あと15分ゆっくりしたかったな。
でもそうすると飲み過ぎるから、これくらいでちょうどというとこでしょうか。




ふー。

楽しすぎる四日間でありました。













posted by ティー at 07:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする