2019年06月13日

頭に汗かけ

いやー気持ちのいい朝だなー。
青空がとてもきれい!
そして緑もきれい。
風もさわやか。

通勤途中、上(空)ばっかり見ながら歩いて来ましたよ。

ちなみに。

IMG-3232.png

IMG-3231.png
入道雲!

こちらは一昨日の夕方の空。
18時なんだけど、もくもくと雲が大きく青空に広がってたので思わずパチリしました。


空ネタはこれくらいにして、先週末のラウンドのことを。



IMG-3224.png

IMG-3225.png


この日は彼は競技だったので一人でエントリーしてたら、お上手な方の組にキャンセルが出たということで、そこにまぜてもらった!
うひひひひ。

イメージづくり。
上手なプレーを目に焼き付け、リズムを覚えて自分のものにするであります。

って張り切っておりましたが、うますぎて感心ばかりしてたらあんまり盗むことを忘れてたなー。


でも、あるホールでガードバンカーに入れてしまった時。
砲台グリーンで奥から手前、そして左から右のクリーク側に超速い。
しかもピン位置はバンカーのすぐ近く。

くー。
打ちすぎたら向こうのバンカーにこぼれてしまうし、ホームランで奥のクリークも大いにあり得る。
ここはもう、グリーン縁にぎりぎり届かせるしかない!

と思って打ったら、ぎりぎりに届いたけど、そこはヘビーラフ。
で、一度ざっくりして三打目でようやくグリーンオン。

そんなプレーに対し、ホールアウト後に教えてもらったのは。

図にするとこんな感じ。


IMG-3227.png


図の右側からグリーンを狙ったボールがひっかかって、図手前のバンカー黒丸地点に落ちた。
そこから直接ピンを狙ったのだけど、「なんでそんなスペースのない難しい所を狙おうとするのか」と。
「もっと左側を狙ったら広く使えるやろ」と。


あーーー!
なるほど、そうなんですね!

つまり赤い線の方よりも青い線の方に向かって打てば広い場所に向かって打てるし、しかも二段グリーンの斜面に当たったら戻ってきてピンに寄る。
しかもクリーク側に傾斜してるから上りのパットを残せる。

いやー、聞いたらなるほどなんだけど、プレー中一ミリもそんな作戦思いつきませんでした。
ピンしか見えてなかったであります。

みんなそんなこと考えてんの?
すごいね。


スコアの差って、ショットはもちろんだけど、こういうとこでもジリジリとついちゃうんですね。
「頭に汗かけ」ってこういうことかしらん。



同組の方にはゴルフのこんなとこに加えてえーらいゴージャスなゴルフライフを聞かせてもらい、羨ましい限りでありました。

お三人とも見るからに立派な方で、お二人は一般的にはまだまだ仕事バリバリなはずの年齢なんだけど。
ああいう人っていつお仕事されてるんでしょ。
ほぼ毎日ゴルフじゃないかと思うんですが。


プロゴルファー以外にも「仕事がゴルフ」の人って、いるもんですね。
こんなこと言ったら怒られそうだけど。

あ、スコアはレギュラーから46/57。
100打ったなー。
後半緊張感も薄れ、そして池に3回ぶっこんで崩れちゃった。
パッティングは16/17。
私にしてはいい方だけど、3パット4回...。
posted by ティー at 07:59| Comment(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: