2019年07月17日

嗚呼、下戸宣言

40になったとき、「これで人生半分かー」などと思ったような気がするのですけど、それからなんやかんやと時が過ぎ、今や「人生100年」とか言ってますよね。
なんでここ数年ずーーーっと人生折り返し地点をうろうろーうろうろーしてる気がするであります。

ぱきっと折れない。
ゆるーっと折り返...そうかなどうしようかな、みたいな。

そんなことはどうでもよくて、確実に歳はとってます。
んでもって、ここにきて、そう、人生の半分辺りをうろうろするようになってようやく!
ようやくある自己認識に至りました。


はい、はいはいそーですよ、酒、弱いわ、わたし。


ほんと40越えてから確実に弱くなりました。



電池が切れてどこそこかまわず寝てみたり。

いや、歳のせいばかりじゃないわ。
昔っから、酔うとなんかおもしろいことをしないと申し訳ないような気分になるというか、でしゃばるんですよぎゃーぎゃーと。


で、それだけならまだましだけど、やたら動きが大きくなって、駅の階段ダッシュで駆け上がってみたり(そして一秒二秒「宙に浮いて」落下してみたり)、無駄に知らない駅で電車降りたり、お店でお手洗いに行く度によその人と話してみたり。
なんだそれ。

そんなことしてる人あんまり知りませんよ、特にいい歳した女の人で。


知り合いの人(といってもそう知り合いではない)のお店で女子二人飲みをして、相手に心配かけて最寄駅まで電車でついてきてもらうとか、そらないわな。
その女子にも知り合いのお店の人にも恥ずかしい。
ダメージきつい。
しかもその女子私より三つ下。


世の中には酒豪ってたくさんいて、私もその中の一人だと思ってましたけど、そこが違うんですね。
酒豪って乱れない人のことを言うんですね。
大量に飲む人のことを言うんじゃないんですね。
大量に飲んで、乱れない。
これ、酒豪。


大量に飲んで、酔っぱらう。
これ、ただの酔っぱらい。


嗚呼、私、だたの酔っぱらいだったんだわ知らなかったーほんと。


それだけじゃない。
一般的には男の人の方が女の人よりもお酒はよく飲みますよね。
体格差もありますし。
なので私、女の中では完全にお酒に強い方なんだと信じてましたよ。
ところがそのレベル、ひくっ!
すごい低い。

捨て駒レベル。


上↑の最寄駅まで送ってくれた女子がキングとしたら、あ、クイーンか。
私は将棋の歩。
ガンダムのジム。
仮面ライダーのショッカー。
相撲でいうと付き人。


で、私なんかよりずっとお酒に強い女子が気づいたらわんさと周りにおりました。


このブログを通じて知り合ったAちゃんなんて、いつまでもしれーっと飲んでて、一緒に飲んだ翌日に「飲み過ぎ注意!」って三回ぐらいライン来てた。 笑
ああそうそうしょっちゅうこのブログに登場するねえさんもキングレベル、あ、クイーンだわ。
いやキングか。 笑



何書いてんでしょうね。
とにかく人生の半分くらいで下戸ってことに気付いた次第なのであります。
おそ。














posted by ティー at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: