2019年07月12日

カラス

カラスって頭がいいのは周知の事実ですよね。
ゴルフ場でも、バッグのファスナーくらい簡単に開けるし、缶ビールを取ってくちばしできれいに穴を開けて、そこから一滴もらさず飲んだという都市(田舎?)伝説的なものも聞きます。

でも私、それだけじゃないと思うんですよね。
鳥の中でも、いや、動物の中でもカラスに限っては、「人間の生まれ変わり」のはず。

だって、「目」が違う。
動物特有の「澄んだ目」とか、「つぶらな瞳」とか、そういうのではないのです。
「気持ち」が入ってる。

だったら犬も!って思うかもしれないけど、犬はしょせん犬レベルなのですよ。
人間の生まれ変わりじゃない。

カラスは、人間的に考えてるんです!
いや、「人間みたいに」?
「人間っぽく」?


うーん、「人間っぽく」かな。


なので、例えば「あー雨ばっか降ってだりーなー」などというのはもちろん、「最近の食べ物って添加物が多過ぎでいやだわ」とか、「あのカラスの鳴き声って、ちょっと癇に障るわ」とか。

それとかそれとか、もちろん「人間の生まれ変わり」なので、前世のことをまだ背負ってるのもいるでしょう。
「あいつだけは許さん」と怨念メラメラなカラスとか、「あの人と結婚したかったのよ」なんつーのもいるかもしれませんね。
またまた「人間とカラスの人生って似てるよなー」とかしみじみしちゃってるるやつとかさ。



ってことを考えるのは、朝の通勤道の山の遊歩道でカラスを間近に見ることが多いから。
で、その「目力」の強さに圧倒されてたのですよ。
いや、強さばかりでもないな。
人間臭さかな。
目をしばたいたり、横目でこっちを見たり。
とにかくカラスの「目」って深いの。


そしてふとある日、「このカラスって昨日のカラスと同じかな?」と思って注意深く見ると、片側のボディーの羽の一部が白くなってる。

「お、なかなかかっこいいな」


なーんてジロジロ見ました。


見ましたよ、その日以来。
ちょくちょく見るそのカラス。
ほんとジロジロ振り返って見ることもありました。


すると。



一昨日の帰り道。
帰り道ではあんまりカラスを見ることはなかったような気がするのだけど。


シュッ!



「うわーびっくりした!」


ほんとに一人で歩いてて声に出して言いましたよ。



何かが耳の横をシュッって通ったのでした。

見るとすぐ前の低い電柱のてっぺんにカラスが!



うわ、カラスが頭の横通り過ぎた!

これってなに?
狙われてんの!?



私が電柱を通り過ぎたら、カアカア鳴いとりましたわ。
「あいつ、来やがったから軽くかわいがったったわ」とかゆーてるんでしょうか?




てなことをその晩、彼に報告したら、
「カラスは危ないから!羽で怪我するから!そういう時は両手を上にあげるねん」
という、なんだかよくわからないアドバイスをいただきました。


その翌朝。



いつものように小走りで遊歩道を駅へ向かってると、このときは小雨が降ってたので傘を差してたのですけど。


シュッ!



!!!


今度はすぐ目の前をカラスが横切った!


こんなことって今までなかったのに。
これってほんとに狙われてるんですかね。
そのカラスがボディーが一部白いカラスかどうかはわからないのだけど。


カラスって黒い服を狙うんだった?
それって蜂だっけ?


ちょっとちょっとー怖いんですけどー。


なにか言いたいことがあるんだったら、私が代弁したげるから、なんでも言って!

「ジロジロ見んなや!」



こういうことなんでしょうか?


posted by ティー at 07:58| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワタクシ、頭の真上にボディランディングされたことあります(ノ´∀`*)
ぽわんっていうかぽにょんって。
足とか出されなくて、本当にお腹だけが触った感じ。
うおー!って思うよりも「あ、柔らかい」となんだかほわほわしました。
Posted by す。 at 2019年07月13日 02:29
えーーーーーっ怖いってばー!!!

それって敵意なしだったんですか?
おふざけの一種?
まあ鳥のお腹はふわふわしてそうですけど。

そんな気の優しいカラスさんだったらいいんですけど、うちの周りのはノーマルに野生なので、当分狙われそうです。憂鬱...。
Posted by tee at 2019年07月16日 08:22
多分攻撃されたんだと思いますよー(笑)
巣が近くにあって子育て真っ最中とかそんな感じじゃないかと予想。
カラスは頭いいので「モーびっくりしたー。やめてよー。敵じゃないよー」と声に出して手を振っておきました。

はたから見たら変な人だな(;^_^A
でもそれ以来平和。
Posted by す。 at 2019年07月18日 00:33
昨日も後ろから、今度は二匹で「シュッ」ってきました!
ほんと怖い。
ここまで来たら、手を振ったりしたら余計に怒らせそうなので、もう小走りで駆け抜けるしかないです。
そこを通るの、真剣に憂鬱です...。
Posted by tee at 2019年07月18日 08:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: