2019年12月19日

スティーヴン・ハンター読み漁り中

IMG-4266.png


スティーヴン・ハンター、「極大射程」から始まり読み漁り中。


二作目に読んだ「ソフト・ターゲット」がいまいちすぎて、三作目もいまいちだったらどうしようかと思いながらとりあえず古めのから選んで「クルドの暗殺者」。


うーん、なかなか面白かった。
「極大射程」もそうだったけど、途中からの疾走感を感じさせる展開が好き。
そしてこの「クルドの暗殺者」は、人間関係の切なさもあって、よかったな。
登場人物がバンバン死んでいくのも、展開にスピード感を与えておりました。


そして次に「魔弾」。

IMG-4267.png

これも面白かった。
登場人物のキャラクターが無理なくすんなりと入ってきた。


対して、その後に読んだ「真夜中のデッド・リミテッド」。

IMG-4358.png

これはなー。
私にはあんまりでした。
「魔弾」と比較して、登場人物の心情にちょっとついていけなかった。
無理やりっぽさを感じました。



さてさて。
それでもまだまだ読んでないのがあるので、読み続けますよ。
次は「さらば、カタロニア戦線」。


posted by ティー at 08:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: