2020年03月05日

沖縄 2020 ラウンド4

104.png

食べ過ぎた。
前日の朝食時間が短く、ちょっと残念だったので、今日はゆっくり食べられるわいと張り切っちゃったんだよね。
このあと果物とワッフルも食べたからな。

では最終日、最終勝負。
暗黒時代の彼は、当然レギュラーを選択。
私は前日の「107」のリベンジをしたかったのだけど、それだと負けそうだったので、フロントを選択。
あー、ひっかけゴロ病、寝て治ってたらいいのになー。


ウッズから。

無難にパー発進。
ひっかけを怖がりながらだましだまし。

108.png

109.png
こんときゃまだ余裕の彼


と思ったら2番の打ち下ろしのセカンド、ユーティリティがきれいに当たり。


バーディは取れなかったけど、楽々パー。
もしや寝て治ったか!?

110.png

3番ティーグラウンド周辺にいるがーこ達。人懐こ過ぎる。


しかし次は3パットでボギー。
そして4番はセカンドウェッジでショートしてボギー。
なんか流れに乗れない。

だけどこの二日の3ラウンドで全部失敗していた5番のセカンドがうまく当たり。
ちょっといい感じ。

112.png
毎回気になる「怖い木」

この棘、ほんとに怖いんですけど。
ちょっともたれかかるだけで、服破れそうなんですけど。
「有刺鉄線の木」と言ってもいい。


そんな木のことは置いといて。
今までパーオンしたことのなかった6番で、5番ウッドがきれいに当たって1ピンに!
わお。

しかしバーディパットは入らずパー。

でもいいの。
セカンド感触よかったなー。

9番でティフトンのラフに絡まれて!ダボ。
ううむ...。
しかしひっかけゴロはなくなりつつあるんでは?

ここでなんでなくなってきてるのかが分かれば今後に生かせるんだよね。
それが分からないから、またいつ出るか、出ても対処のしようがなくて困る。
そして怖い。


後半。

115.png

3番。
この沖縄ラウンドの全てのショットの中で一番いい当たりのアプローチが決まり、べたピン。

からのバーディパットを外してパー...。
むむー。


と、このアプローチの時、彼が計測器を拾った。
「きっと前の人が落としたんだろうね。そういえば前の男の人、その辺から打ってたわ。」なーんて言って、次は私のアプローチ。

場所はちょうど残り距離50ヤードを示す黄色の旗のところだったので、計測器を使うまでもなかったのだけど、念のために彼に借りて測定。
残り70ヤード。

べたっ。

もうすーごくいい気分でグリーンに向かいましたよ。
「あーこの音やんなー、ほんとに芯に当たった時の音って♥」


で、そのホールを終えて次のホールに行ったら、まだ前の組の女性が赤ティーグランウンドにいたから、落としものをカートで持っていってあげました。

で、また自分たちのティーグラウンドに戻って、プレー再開。


ところが。

セカンドで「俺の計測器がない!」と。

は?
どこに置いた?

よーく考えると、完全に私が最後に使ってる。
前ホールの50ヤードの黄色の旗んとこで測ってる。

そこで他人の測定器を拾って自分の測定器を忘れてきている!


つか、自分のショットに酔って、測定器のことすーーーーっかり忘れてる!
あ・た・しがっっっ!!!


くふん、はじゅかちい。


次ちょうど茶店だったので、そこで一応伝えておいた。
まあフェアウェイど真ん中なので、誰かが拾ってくれるでしょう。

そのまま続きを。

これに動揺したのか(まあしましたけど)、残り距離があいまいになったからなのか、

5、6、7とボギー。
むむむー。


がんばれ私!

でがんばって、前日レギュラーからOB打ちまくって「9」叩いたパー3でバーディ。
よし、も少しだ!

113.png

で、最終ホール、これがまたさいこーにいい感じでパーオン。
残り2.5メートルくらい、ほぼまっすぐ?あるとしたらフック???


はい、へぼパットでした。弱い。打てなかった。

こうして最後もバーディは取れませんでした。
ああいうの、シブコみたいにパーンと入れたいですねー。

で、結局こんな感じに。

79631.png

どっかでバーディ取れてたら70台だったかー。
しかしひっかけゴロ病が一回しか出なくてよかった。

結局ホールアウト後バタバタだったので、スコア数えたのは空港についてからでしたけど、勝負は簡単に済んでまして、沖縄ラウンド完全制覇。
今回のゴチは翌々週のお友達との飲み会分でーすヤター!!!
posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: