2020年05月20日

子猫かご盛的なもふもふのピエール

コロナの渦中でも少しはよいことが。

お庭の手入れができました。
もー全英オープン並みのヒースのような草がぼーぼーと生えたりしとりましたが、彼が突然何かに憑りつかれたかのようにショベルで荒々しく根こそぎ除去し、芝生を買ってきては植え付け、さらに以前から生えてた芝の「名残」のようなものもショベルで根こそぎひっかいて別の場所に移植。
テレワークの合間、お昼の30分程度を毎日お庭に捧げました。

そして私も、いたいけなバラの蕾やら新芽ががしがしと無遠慮に虫にかじられているのを見るや否や、防虫の薬を「執拗に」散布しまくりました。
たぶん1割くらいは自分で吸い込んだと思う。


で、初めの蕾数個は虫にかじられてきれいに咲かなかったけど、残りの蕾は全部きれいなまま咲き始めてくれた。
そして肥料も例年よりも丁寧にやったので、蕾の数、今年は多い!

やっぱ、手をかけると応えてくれるんですね。

IMG-5195.png


IMG-5193.png


IMG-5192.png

ピエール・ドゥ・ロンサール。

この淡いピンクがたまらん!



せっかく見事に咲いてくれたから、もったいなくて、8割開いたものを切り花に。


IMG-5199.png


これがまたかわいくて。

バラってこれくらいがきれいだし、香りもいいと思うけど。
IMG-5198.png


でも、この豪快に開いた花びらの重量感満載のピエール様を見るたびに、なんだかほほえましい。
ついには「植物」ではなく「動物」的な親しみも。


こんな風に思えるのです。

IMG-5206.png

子猫のかご盛り。


もふもふの子猫があふれんばかりにかごとかボールに「盛られてる」写真、ありますよね?
あれみたい。

ほれ、似てるでしょ
IMG-5199.pngIMG-5206.png

上の切り花、これが二日経ったらもう完全にほとんどの花が十部咲きに。
そーすっとますます「もふもふ」感があふれて、外に咲いてる花と入れ替えたいのだけど、もったいなくて捨てられない。


花瓶からこぼれんばかりのピエール様、あるものは顎を花瓶の淵に乗せ、またあるものは別のピエール様に乗っかかり...。


うふふふふ。

きゃわー。


てなことで、できるだけお庭のお手入れはすべきだと思いました。


posted by ティー at 12:00| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: