2020年07月30日

土佐遠征 @土佐カントリークラブ

IMG-5271.png
来た!

久しぶりに書きますよ。
本来であればオリンピックが華々しく開催されるはずであった連休、お友達のキャンピングカーで土佐遠征した。
コロナも気になるけど、ゴルフ場予約してたし、キャンピングカーならまだましかと思い。

当日は自宅で18時ころまで必死にやって何とか仕事を終え、アルコール抜きのご飯を食べてお風呂に入ってスタンバイ。
21時過ぎにキャンピングカーがお迎えに来てくれた。

これってねー。
ドライバーさんには悪いけど、もうほんっと楽ちん、乗ってるだけ。
乗ってるって言っても足伸ばしてくつろぎまくりですからね、ソファーに寝そべるレベルです。
んでもって(重ね重ねドライバーさんには悪いけど)、ビールなんか飲んありしちゃって。

で、瀬戸大橋の真ん中の与島まで行って就寝。
起きたらこんなんでしたー!

IMG-5273.png

で、ゴルフ場にテンション高いまま到着。

IMG-5662.PNG

初日、土佐カントリークラブです。

お天気だけが心配。
なんといってもこの日翌日その翌日ぜーんぶ雨、しかも大雨の予報でしたからね。

土佐カンは足摺のアウトイン、そして桂浜、室戸の4コースあって、トーナメントはどのコースもまんべんなく使われる感じなんですかね。
今回は1ラウンドのみなので、足摺アウトインにしました。

IMG-5278.png


土佐カンはお隣の黒潮カントリーと比べて狭くてトリッキーと聞いてたのだけど、そんなに狭い印象はなかったなー。

IMG-5279.png

グリーンもよく整備されてた。

しかしカッパは免れたもののずーーーっと曇天か雨だったので、景色はあんまり楽しめなかったかな。

で、ラウンドはというと、お友達夫婦というのは何度もこのブログに登場してる「ねえさん&T−ち」夫婦。
ということは、毎度の「男女対決」ということになります。
今回は各自のJ-sysのハンデから男子チームにハンデを「6」あげての勝負。

うふふふふ。
最近ギアチェンジで凄さにさらに磨きがかかってきたおねえさま。
180ヤードセカンド、平気でグリーンオンしてきますからね。
バーディ普通にお取りになりますの。

なんで私があんまり暴れなかったら、どんどんハンデ差は縮まっていくのですうふふふふ。
で、最終的に6のハンデがちょうどよかったのか最後まで追いつ追われつのいい感じの勝負になり、「いい感じの」つーことはやっぱりその通りで、女子チームの勝ちとなりました。

私の結果はこんな感じ。

39341.png

まーパー4の「8」がね。
決めどころのパッティングがよく入ったかな。

で、気分上々超ウルトラハイテンションで向かった先は...。


IMG-5280.png

ねえさん夫婦の大のおすすめ、というか、これなしでは瀬戸内海渡って帰れないっつーくらいの鰻屋さん、「かいだ屋」。

朝食を簡単にとってスループレーしましたからね、もうお腹ペコペコなわけですよ。
で、予約できないっていうから16時に来てみたんですけど。

駐車場入ろうとした時点で警備員のおじさんに「✖」されました。
もう売り切れで終わってるとのこと。


なのであきらめて高知市内へ。

街中のいい場所に車を止め、荷物は全部そこにおいて出かけられるのがキャンピングカーのいいところ。

居酒屋目指してゴー。


しかし甘かった。
連休初日、行きたいお店はどこも満席どころかかなりの行列ができておりました。

IMG-5286.png

ひろめ市場もおもしろそうだったけど、到底座れそうになく、そしてあまりに「密」だったのであきらめた。
なのでとりあえず座って飲めるお店に。

おいおいおいおい。

IMG-5282.png

私(生中 これって普通でしょ!?)以外全員BICというサイズの生。
それを私よりも早く飲み切っておかわりしてましたわすげーつーかなんつーか。

で、適当に(?)飲んで次のお店に。
と言ってもやっぱりまだ近くの人気のお店はどこも行列はなくなってなくて、最後にねえさんたちが以前行ってよかったというこちらに。

IMG-5604.png
司牡丹


こちらもまだ行列があったけど、いいタイミングで入れた。
二階もあって見た目以上にオオバコではなかろうか?
そしてホールでお運びされてる方々がいい感じの「おばちゃん」。
楽しくって気が利いて、どこかおかしくて。

T−ちが途中で酔っ払ってお店の方のことを「キャディさんが」なーんて言い間違えたのもなんかよくわかる。
ついついきゃーきゃーとお世話になりました。

IMG-5605.png

IMG-5607.png

鶏屋さんと聞いてたのだけど、私は大好きなお馬さんを楽しみましたよ。
高知は馬肉を出すお店多いですね。



てなことで、また街ど真ん中の「仮の我が家」に戻り、寝たのでありました。
近くには公共の24時間使えるきれいなお手洗いがあり、こういうのもキャンピングカーの旅にはありがたいものですね。





posted by ティー at 18:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: