2019年08月19日

夏が過ぎていく

明けた。
お盆が明けた。
九連休がついに明けてしまった。



ほーんとお休みって終わってしまうとあっちゅーま。
今日から仕事再開。
まー「いつもに戻っただけ」なので、いいんだけど。

休みの朝ってよかったよなー。
普段は「もっと寝たいー」と思うくせに、そしてラウンドもないくせに、なぜだか連休の朝って張り切っちゃって早起きしちゃうんだよなー。



...。
やっぱいいことない。
九連休一からやり直したい。


と、だだをこねたくなるのには理由がありまして。

今朝気付いたら蝉の声がしなくなってた。


蝉、どこいったんだ?

お盆の最中に実家に帰ったらつくつくぼーしが鳴いていて、「わお、つくつくぼーしや、夏の終わりやー!」とぎゃーぎゃー言ってたんですけど。

それすらしない、というか、連休前は早朝通勤中でも遊歩道では蝉がミンミンガーガーシャンシャンシャンシャンと鳴いてましたが、今朝は全く鳴いてなかった。

それを考えると、昨日のゴルフも確かに暑かったけど、ピークの暑さではなかった。
「ややまし」レベル。




くふー。



夏の終わり。


今日は私の誕生日。
posted by ティー at 07:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

お豆腐話 その2

金曜ですねー。
夏の金曜ですねー。
まだ青い空、ぬるい風、蝉の声。

いやもうこれ、どんだけ誘ってんのさ!

って思いますよね、夏の帰り道。
はー、楽しみー。
早く夕方になれ―。





てなことで、お豆腐の話、もう少し。


お豆腐の水切りを最近必ずするようになったというのは上の記事で書いたのだけど、そのきっかけとなったのが、はいこちら。


IMG-3444.png


以前、こちらを書きました。
(豆腐ネタ、多いのね、私って)

この時のはオレンジページに載っていた「豆腐の味噌漬け」だか「チーズみたいな豆腐」とかいうお料理。
で、おいしかったからまた作ろうと思ったら、このdanchuにも作り方が載ってたので、今度はそちらのレシピでやってみました。


IMG-3445.png

で、このときに「水切りをしっかりした豆腐を使用」となってたので、「水切り」作業をするようになったのでした。


一日しっかり水切りしたお豆腐をガーゼで巻く。

その上にお味噌塗る。

IMG-3348.png

保存容器の下部にもお味噌を敷く。

IMG-3347.png


そうしてお豆腐をその中に入れ、三日ほど寝かす。

じゃーん。
IMG-3349.png

こんな感じになっとります。


ほれ。

IMG-3351.png


食べてみた。

見た目、そんなにお味噌の色が付いてないので辛そうに見えないけど、けっこう味噌がらい!
お酒のおつまみ特集の本に載ってただけのことはあります。

お豆腐の周囲にお味噌を塗っているので、内部はそんなに塩っ辛くはない。

IMG-3350.png

...。
けど、辛いかな。


うーん、ガーゼよりもキッチンぺーパーで巻く方が塩気を考えるといいかな。
ガーゼ薄すぎかも。


とはいえ、おいしいっす。
「アテ」ね。


しかもこれ、日にち(どれくらい持つのか知らないけど、)おけばおくほどおいしい。
ねっとりしてきます。
チーズに近づく。

この「ねっとり」がどこで「傷む」に変わるのか、そこが怖いのだけど。
一週間後くらいに最後の塊をサイコロに切って、サラダに入れて、オリーブオイルと和えて食べた、
おいぴ♥

10日くらいは余裕で持つと思われます。知らないけど。


いやー、お豆腐ってお腹にどっしりくるし、ヘルシーだし(このレシピで塩分摂り過ぎは注意だけど)、重宝しますねー。

その2でした。



posted by ティー at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

トンボ御殿

やっほー八月!
夏本番!!!

とか言って気づいたらあっちゅー間に地蔵盆になってたりするんだよな。
地蔵盆て夏休みの終わりをひしひし感じるんだよねー。

さて。

家の玄関前にいたトンボを、踏まれないように近くの植木の上に避難させてやって(本人はその場所がいいから玄関にいたんではないかと思う)から、彼は「トンボの恩返し」を期待しています。
そして玄関先でトンボを見つけるたびに、「知らせが来た!」と興奮するのです。
そうしてるうちにそれが私にまで伝染し、「あ、またトンボ!来たで来たで!」と大はしゃぎする欲深い二人なのでした。



そのうち梅雨が明け、休みの日に彼が「庭の草なんとかしてくるわ」と言って庭作業に出てくれたのです。
それから戻ってきた彼が開口一番、

「玄関でトンボやトンボやゆーてたけど、いつの間にかうちの家、トンボ御殿になってる!」



は?


「壁にいっぱいトンボが張り付いとる!」


そんなことを言うではありませんか。



トンボの国から使者が知らせを持ってやってきてると思ってたのだけど、普通に我が家がトンボの家になってたのでした。
なので、玄関先にいたトンボは「知らせを持って来てる」っていうより、玄関先がトンボにとっての「通勤路であった」とか「社交場であった」とか、そーんなレベルでありました。

いやよく見るとほんとに壁にぼろぼろへばりついてます。
そして気づいたらぷんぷんびゅんびゅん飛んでます。


でもまあ蝉みたいに音がするわけでもなし、蜂のように刺すわけでもなし。
蛾みたいに気持ち悪くもないし、いいんでねーの。



そんな気持ちでおりました。
少し、「使者じゃなかったのか」というがっかり感がないわけでもなかったけど。


で、その日の朝も玄関先にトンボを見つけ、「知らせかなー」などとふざけながらゴルフコースに出かけたのですよ。
その車中で。
FM付けてたら、DJが「蚊が寝てる最中に飛んできてー」という話をしてる。

「そういえばうちって窓開けたらすぐ蚊が入って来るけど、そんなに蚊に悩まされることってないよなー」
「庭仕事したらえらいことになるけどな」
「家の中には蚊はおらへんなー」

「あ、トンボ御殿や!」
「は?」
「トンボって蚊を食べるんやで」


まじー!?
知りませんでした。
早速グーグル大先生に聞いてみた。

そしたら「蚊の最大の天敵はトンボ」、「トンボは一日に蚊を100匹食べる」などと、すごい情報が出てくるではありませんか。

そうなんですねー。

「トンボのアゴって硬いやろ」とさも訳知り顔の彼。
確かにトンボに噛まれたら痛かった気もする。

トンボ、ざくざくと蚊を食べるんですね。

つか、私達、トンボに守られたんですね。
蚊の侵入を未然に防いでくれてたんだ!
「トンボ御殿」の名に恥じぬ!
すげー。


すげーです。
今もぶんぶんぴゅんぴゅん飛びまわってますよ。
あれはパトロールしてるんですね。
私達のために蚊を退治しようと!


ああ、やはりトンボは使者でした。
私たち、トンボ御殿の一応「主」なので、ご挨拶に来てくれてたんだね。


IMG-3464.png
夜帰ったときも玄関先で出迎えてくれた♥(見えないか、中ほどの黒い物体)






posted by ティー at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする