2020年03月05日

沖縄 2020 ラウンド4

104.png

食べ過ぎた。
前日の朝食時間が短く、ちょっと残念だったので、今日はゆっくり食べられるわいと張り切っちゃったんだよね。
このあと果物とワッフルも食べたからな。

では最終日、最終勝負。
暗黒時代の彼は、当然レギュラーを選択。
私は前日の「107」のリベンジをしたかったのだけど、それだと負けそうだったので、フロントを選択。
あー、ひっかけゴロ病、寝て治ってたらいいのになー。


ウッズから。

無難にパー発進。
ひっかけを怖がりながらだましだまし。

108.png

109.png
こんときゃまだ余裕の彼


と思ったら2番の打ち下ろしのセカンド、ユーティリティがきれいに当たり。


バーディは取れなかったけど、楽々パー。
もしや寝て治ったか!?

110.png

3番ティーグラウンド周辺にいるがーこ達。人懐こ過ぎる。


しかし次は3パットでボギー。
そして4番はセカンドウェッジでショートしてボギー。
なんか流れに乗れない。

だけどこの二日の3ラウンドで全部失敗していた5番のセカンドがうまく当たり。
ちょっといい感じ。

112.png
毎回気になる「怖い木」

この棘、ほんとに怖いんですけど。
ちょっともたれかかるだけで、服破れそうなんですけど。
「有刺鉄線の木」と言ってもいい。


そんな木のことは置いといて。
今までパーオンしたことのなかった6番で、5番ウッドがきれいに当たって1ピンに!
わお。

しかしバーディパットは入らずパー。

でもいいの。
セカンド感触よかったなー。

9番でティフトンのラフに絡まれて!ダボ。
ううむ...。
しかしひっかけゴロはなくなりつつあるんでは?

ここでなんでなくなってきてるのかが分かれば今後に生かせるんだよね。
それが分からないから、またいつ出るか、出ても対処のしようがなくて困る。
そして怖い。


後半。

115.png

3番。
この沖縄ラウンドの全てのショットの中で一番いい当たりのアプローチが決まり、べたピン。

からのバーディパットを外してパー...。
むむー。


と、このアプローチの時、彼が計測器を拾った。
「きっと前の人が落としたんだろうね。そういえば前の男の人、その辺から打ってたわ。」なーんて言って、次は私のアプローチ。

場所はちょうど残り距離50ヤードを示す黄色の旗のところだったので、計測器を使うまでもなかったのだけど、念のために彼に借りて測定。
残り70ヤード。

べたっ。

もうすーごくいい気分でグリーンに向かいましたよ。
「あーこの音やんなー、ほんとに芯に当たった時の音って♥」


で、そのホールを終えて次のホールに行ったら、まだ前の組の女性が赤ティーグランウンドにいたから、落としものをカートで持っていってあげました。

で、また自分たちのティーグラウンドに戻って、プレー再開。


ところが。

セカンドで「俺の計測器がない!」と。

は?
どこに置いた?

よーく考えると、完全に私が最後に使ってる。
前ホールの50ヤードの黄色の旗んとこで測ってる。

そこで他人の測定器を拾って自分の測定器を忘れてきている!


つか、自分のショットに酔って、測定器のことすーーーーっかり忘れてる!
あ・た・しがっっっ!!!


くふん、はじゅかちい。


次ちょうど茶店だったので、そこで一応伝えておいた。
まあフェアウェイど真ん中なので、誰かが拾ってくれるでしょう。

そのまま続きを。

これに動揺したのか(まあしましたけど)、残り距離があいまいになったからなのか、

5、6、7とボギー。
むむむー。


がんばれ私!

でがんばって、前日レギュラーからOB打ちまくって「9」叩いたパー3でバーディ。
よし、も少しだ!

113.png

で、最終ホール、これがまたさいこーにいい感じでパーオン。
残り2.5メートルくらい、ほぼまっすぐ?あるとしたらフック???


はい、へぼパットでした。弱い。打てなかった。

こうして最後もバーディは取れませんでした。
ああいうの、シブコみたいにパーンと入れたいですねー。

で、結局こんな感じに。

79631.png

どっかでバーディ取れてたら70台だったかー。
しかしひっかけゴロ病が一回しか出なくてよかった。

結局ホールアウト後バタバタだったので、スコア数えたのは空港についてからでしたけど、勝負は簡単に済んでまして、沖縄ラウンド完全制覇。
今回のゴチは翌々週のお友達との飲み会分でーすヤター!!!
posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

ホアヒン2019 ラウンド第三弾@パームヒルズ

ラグビーサモア戦の最終80分前後の攻防はすさまじかったなー。
よくあそこからトライが獲れたもんですね。
集中力と執念でしょうか。

と、ラグビー一色になってる予定だったのに、望外の熱戦がもう一つ。
そう、CSですねー。
まさかの阪神の初戦の逆転、そして昨日のシーソーゲーム。
ううむ...。

今夜も熱いなー。


さて、続きです。


センタラで朝食は三回食べたのだけど、一番おいしかったのはこれかしら。

IMG_3961.JPG

おかゆ好きとしては一回は食べとかないとな、と思い最終日におかゆの入ってる容器からお玉ですくってみたら、シーフードがわっさわっさと。
え、私一番乗りだし、一番上に具が集まってたのかな?こんなに取ったらまずいんでないか?と焦って、すくい直した。
それでもまたエビやホタテ、イカがわんさかお玉に入ってくる。

お出汁も優しくとてもおいしかった!

さて。
最終ラウンドはパームヒルズ。

二戦全敗の彼、またぶつぶつ言ってる。
「俺、長いとこから回らな練習にならへんし、たのしないわ。○○も白から回れ」

また同じことを。
パームヒルズの白って長いイメージがあるんだよなー、えんえんと同じような景色が続く感じ。

でもここが私の勝負師としての弱いとこ。
キラーインスティンクト、決定的に欠けてるんですよ。
「しゃあないな、じゃあええわ。でもハンデはつけてよ」ということに。


で、彼が黄、私が白から回ろうとしたらキャディさんが怒る。
「マダーム、レイディティ、レッド!」


「でもあの人があかんていうねんー」
とはキャディさんに説明できません。
これまで何度か白から回ったことあると思うんだけど、今回のキャディさんは許してくれませんでした。

なので赤から。


ま結果的には赤でよかった。

1番のセカンド、ゴロ。
サード、シャンク。
まさかのダボスタート。

IMG_3915.JPG

昨日の人はどこに行った!?

なんとか1番をホールアウトして2番に向かう。

IMG_3916.JPG

IMG_3917.JPG

え、なんかいるよ!?


なんと赤ティの目の前に作業のトラックが停まってた。
まあ当然私が打つ時には移動してくれるんだろうと思ってたら、だーれも来ない。
キャディさんは「打って」みたいにこっちを見てる。

「これ打つの!?」

「当然やん」みたいなキャディさん。
こうなるともう当ててもいーってことやんな、むしろ当ててびっくりさせたるわ!と思い、アドレス。

IMG_3918.JPG
写真で見えるより、もっと「真ん前」です


で、思い切って打ったら、普通にトラック越え(そんな言葉があるのか?)していった。
ふー。


やりよんなー、パームヒルズめ。

ところで、このゴルフ場、あちこちにきれいな花が植えられていてとてもきれい。

なんだけど、私が来るのがいつも薄曇りなので、どーも景色が映えないんだよなー。
印象も「薄暗い」しかない。
もったいないなー。

IMG_3919.JPG

あ、この木に来ると(それとタイマッサージの服を着ると)絶対やっちゃうこのポーズ。
IMG_3921.JPG


木が濡れていて靴底が滑りそうだったから、あんまり上までいけなかった。
しかもよく見たら幹にはでかいアリがわさわさいて、足に登ってきそうだったから、さっさと退散した。

三日間でドライバーが一番曲がった。
ひっかけてひっかけて、ありゃいったいなんだ?
おまけにセカンドを目の前のココナッツツリーにぶつけてOBとか南国らしい技も飛び出して。

で、勝負の方も、「もうええわ」みたいな気になってました。
最後位私がおごってあげる方がいいかなという。

しかし彼の調子は一向に上がらず。
後半ががーっと来たかと思ったらその後勝手に落ちていくという自作自演。

で、ストロークの方は17番の時点でもう私の勝ちやな、と思いました。
あとはマッチ。
17番で彼が取ってイーブンになったのです。

そしたら最後18番で、私、えーらいロングパットが決まってパー。
動揺した彼は勝手に3パットして、マッチも私の勝ち。

あー、勝ちを譲るか、まあ引き分けでもえーわと思ってたのに勝っちゃうんですねー。

てゆーか、この人大丈夫なんだろうか?
タイでラウンドをみっちりとして、10月からの競技に入るつもりでいたんだと思うのだけど、逆にイメージ悪なってなーい?


ま、人のことはよろし。

私はちょっとアプローチがいい感じになってきた気がするぞ。

69071758_1449755745176250_6668113269849606273_n.jpg


三日間のラウンドが終わり、このあとは街に戻ってゆっくりと飲み食いし、そして最後に仕上げのマッサージをして空港へ戻るという予定だったんですけどね。

えーらい波乱万丈でしたよ。
続く。








posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

ホアヒン2019 ラウンド第二弾@ブラックマウンテン

IMG_3850.JPG

三日目の朝。
今日のお天気はどうなるんでしょうかね。

ラウンド第二弾はブラックマウンテン。
ホアヒンのゴルフ場の中で一番好き。
さいこーに好きであります。

IMG_3859.JPG

ところで前日の彼との勝負、結局私が余裕勝ちとなったのですが、ここで彼から物言いが。
「昨日距離が短かったらドライバー使われへんかったしおもろない」と。

は?
「貴様がティーが二つあいたらしんどい」つーから白から回らしたったんやろが!

「〇〇(私のこと)がレギュラーから回れ」
「6000越えたらしんどい」
「じゃあおれが青から回るからハンデはなしな」


なにを小さいことこちゃこちゃ言いよるねん。
だいたいこの日の勝負は値の張るイタリアン。
負けるわけにはいきません。
でも、昨日勝ったしなー。

「まあええわ、じゃあ青と赤でハンデなしな」

と決まったのですけど。

デンマークからの男性二人と組合せになったのですねー。
そしてその二人が白から回ると。
そうなると彼も白になりますわな。

「それでもハンデなしな」
「へいへい」

IMG_3860.JPG


負けへんで―。

と思ったらけっこう調子いいじゃないですか。
外しごろのパターがけっこう決まる。
そしてドライバー曲がりません!
(まあ広いというのが理由なんでしょうけど)

IMG_3861.JPG


デンマークの二人組は二人ともラスさん。
同じ名前で「ラスラージ」と「ラススモール」と名付けた。
すると向こうは向こうで、私の名前が覚えられないからって勝手に「ハッピー」と名付けてくれた。
どっちかっつーとこの日は「ラッキーちゃん」の方が合ってたけど。


前半ストロークで私が1打勝ってて、マッチはイーブン。
むむむー。
そして13番までどっちも動かず。

ラス二人も私たちの勝負にやたらとつっこんでくるから余計負けられない。


それにしてもいつものへたれパットが全然なかった。
コースが変わると人も変わるんですねー。
「パッティング、レクチャーしてよ」ってラスラージに言われましたからね。

多少大オーバーしても返しを入れる。
わお、私かっこいい!


IMG_3864.JPG


うっふっふ。
この流れで最後ばばばーっと私がとってマッチもストロークも勝ち。
完全勝利、イタリアンゴチになりますー。

69490399_180075893034970_6308470368306453395_n.jpg


IMG_3962.PNG

私のキャディさんのNINGちゃん。

「私、遅くってごめんなさい、妊娠三ヶ月なの」。

こんなことを始まってすぐ言うもんだから、
「まじで?いいいい全部私自分でやるからもうカートに乗っといて」
こう言うしかありませんよね。


でも、いろいろ気の利くかわいいキャディさん、ラインも的確でございました。
ありがとう!
かわいい女の子(が希望らしい)産んでね。



posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ラウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする