2019年08月22日

ミイラ取りがミイラに

ラウンド中のサングラス。
スポーツ用のが欲しいなーと思ってこれまで何度もショップで試着(メガネも「試着」と言うのかな)しては「ぷぷぷー似合わねー」と苦笑いし、恥ずかしくその場を逃げるのでした。
アスリートモデルになればなるほど似合わない恥ずかしい。

「トムキャットかよ」と思っちゃうんですよされどろくんろーる。

だけど夏ゴルフした後って絶対目がしょぼかゆくなる。
しかも目から紫外線を受けてそれがシミになって...というのも気になる。

で、今年こそはと思いサングラスを調べてみた。
そういえば成田美鈴プロのサングラスって普通っぽくていーよね?

そこから調べたら彼女のは「Eyevol」ってゆうブランドのだった。
やっぱり
「Eyevol」は、「着る眼鏡」をコンセプトに掲げる「EYEVAN」が生んだ
ファッション、スポーツ、アウトドアなど様々なライフスタイルシーンをボーダレスに楽しむ人たちの為のアイウェアブランドです。
と、サイトにも書いてあるように、スポーツも普段も両方使えるサングラスみたい。
上田桃子やキンクミ、青木瀬令奈、それに深堀さんも契約してるみたい。
まーおしゃれ系ですわな。
売ってるお店もセレクトショップ系。

お値段もカジュアル。


と思いながらさらにリサーチ。

けっしてスポーツっぽくないモデルで軽いのが理想。
これにできるだけ鼻パッドの跡が残らないヤツ希望。
私、メガネは持ってなくってたまにサングラスをかけるくらいなのだけど、鼻にカタが残るのがすごーく気になるのです。
あれって鼻が低いからか?
自分だけすごくカタが残る気がするんだけど、普段メガネかけてる人ってカタ、付いてないの?

と思ったらすごいサングラス発見。
鼻にカタが残らないやつ。
鼻パットをなくして、顔のヨコ部分にパッドを当てて支えるらしい。
それはいい!

と思ったけど、このブランドはアスリート系のやつしかない。
ううむ。

ちょうど会社帰りに寄れる場所にお店があったから、ちょっとかけさせてもらおう。



お店に行きました。
かけました。


「ぷぷぷーむりー」


やっぱおかしな感じだった。
似合わない。
でもほんとに鼻パットなしでしっかり固定されてた。
すごいね。


と思ったら、ネットで調べてた時に気になってた他のサングラスを見つけた。
タレックスと言うレンズメーカーのオズニスと言うブランド。
そのフラットシリーズの06かな。

わお、かわいい。
それはグラスの性能がとてもいいやつで、そして「普通」っぽい。
ちょっとゴルフにどうかなと思いながらもかけてみた。

あーええわー。
ま、もともとサングラスは似合わない顔なんだけど、まーまー「まし」。
私でも使えるレベル。

それよりもレンズ!
すごい。
これって「度」入ってないよね!?
サングラスのレンズってこんなに見えるもんなん?

つーくらいに見えた。
観葉植物の葉脈がくっきり。
床の木目がくっきり。

わお。

予算はちょっとオーバーなんだけど。

むむーどうすべ。
欲しい。
見た目以上に軽いし。

買おう。


フレームの色は別のがいいから注文してと。

と思ったら、出来上がりが8月末になると。
ちょうどお盆休み前だったから、そうなっちゃうんだそうな。

むむーそれまでに何回もラウンド入れてるからなー。


せっかく盛り上がった気持ちが萎えてきた。
それだったら一度梅田にEyevol見に行こかーそれでそっちの方がよかったらそっちを買おかー。
いまいちだったらこっちにしよ。


こうしてその日のサングラスの購入はなしになったのでした。


しかしなー。
欲しい。
もっと揃ってるお店あるかな?


もんもんとしたまま自分のお休みに突入。
そして近場でそのサングラスを扱ってる別のお店を見つけたので、彼に車で乗っけていってもらいました。

そしたらそのお店が「いい意味」で「濃く」って!

ゴルフクラブと同じ。
フィッティングですわな。

私の欲しいと思った一番レンズのデカいやつ(06)はちょうどお店にはなかったけど、背の高さと(要するにチビ)とラウンドをすることを考えると06は向いてないと一刀両断。

で、それよりレンズがやや小さいやつでギリかなと。
でもラウンドするならやっぱこれ。
これがいやならこれかな、と。

と、候補を三つほど出してもらいました。

が、その前にまずレンズレンズ。
レンズが大事だからレンズを見ましょうと。

で、タレックスという、私もネットで一応調べてたレンズをいろいろと試させてもらいました。

いやーほんとすごい。
見え方全然違う!

最初のお店でもタレックスのレンズで試させてもらったけど、このお店では何種類ものレンズを見させてもらった。
すごい。
見え方がそれぞれ違う。
コントラストの具合とか、明るさとか色味とか。
一番驚いたのは、水鉢に移った建物の影がそのレンズを通すとさっと見えなくなったこと。
ナニコレ?

外に出て道の反対側に停めてあるワゴン車の中も、レンズを通すと丸見え!
わお、犯罪級!

真夏の道路上の白線もくっきりと、でもまぶしくなく見えるすごいすごいすごい。


いやー、まいった。
こんなにも違うんですね。


で、いろいろ試して(なにせラインナップは18タイプ!)私が好んだ見え方のレンズはトゥルービューゴルフでした。
フィッティングの途中であまりに私がレンズのこと知らないもんだから、「もう少し勉強して来られてると思ってました」としかられましたよ。
それくらいの熱血フィッティングでした。笑

で、あとはフレーム。
これはもう好きじゃないのは結局使わないだろうってことで、お店の人も諦めて、私の好きなやつを選ばせてくれました。
最初のお店で試したやつの、その次にデカいヤツ。
うふふふ。


で、結局ここのお店でも納期は8月末になると言われた。
しかしそこをなんとか!ってことで、もしかしたらもう一週間早められるかもとのこと。
そうしてほしいなー。


なーんて思いながら注文の手続きをしようとしてたらなんだか横で彼がもじもじと...。


「俺も買ってもいい?」



私がレンズをいろいろと試しては「すげー」とか「こんなに違うの!?」と騒いでるのを見て、自分も欲しくなった模様。
ぷぷぷ。

そこでラウンド用としてさっと勧めてもらったら、それがドンピシャ。
本当はお店の人的にはもっとゴルフにいいのがあったのだそうだけど、それはお盆前に在庫が切れちゃったところだとか。
でも勧めてもらったのがちょうどよかったので、レンズもフレームもそのまんまでお買い上げ。

ずるー。


帰りの車中から早速。

IMG-3549.png
モザイク、かけてもかけなくても一緒のような...


運転もサングラス一つで相当しやすくなったそう。




実はこちらのお店の方、シングルさんだそうで、ゴルフの際の着用ポイントについてもかなり詳しく教えていただいた。
とにかくラウンド中は外さない。
ずーーーっとかけっぱなしにしておくのだそう。
でないと、距離感がずれるから。

なのでできれば車でコースに向かうときからつけといてほしいと。
フロントもそのまま。
練習場もそのまま。
ご飯もできればそのまま...ってそれはだめだよね。


まーそんなことらしいですわ。


早く私のもできないかなー。

ミイラ取りがミイラになったというか、先を越されて悔しいであります。

IMG-3550.png
フラットシリーズの09 レンズはトゥルービュースポーツ(だっけ?)








posted by ティー at 07:59| Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

夏が好きなんだ!

ラウンドのない週末。
朝起きてとことんを見ながらご飯食べて...。


と、くつろいでるともう家から出られなくなりそうだったので、気合を入れて準備。
水筒に氷をたっぷり入れてお茶を注ぎ。
保冷剤でかいの四つ取り出してタオルに巻いて、クーラーバッグに入れ。


で、車に乗ろうとしたら車の温度計38℃!

IMG-3484.png

わお。あ、写真撮ったときは37℃だわ。


しかし空はどこまでも青く雲は白く。
途中自販機で炭酸飲みたかったから炭酸入りのスポーツ飲料を買ったら、目的地に着くまでに半分以上飲んじゃったけど。


はい、この大炎天下のもと、今日の練習はその「大炎天下のもと」で行います!
ゴルフ場併設の練習場、打席で1時間、日陰(と書いて『逃げ場』と読む)のないだだっぴろいアプローチ練習場で2時間の予定。

しかしねー。
いざ始めようとするとなめてたことに気付いた。

まず打席の後ろにある唯一の日陰から出られない。
IMG-3474.png


真夏のゴルフが好きと言っても、炎天下の日向でひたすら打つ練習、これはラウンドよりキツイ。
どんだけ日焼けしたいねん。

当然のことながらこんな日の日中、誰も周りにいないので、遠慮なくこんなことを。

保冷剤をまいたタオルを首の後ろにくくりつけての練習。

IMG-3475.png

IMG-3477.png


これ、いいです。
というか、なかったらもう無理だった。

一時間は持った。
持って来てよかった。


いつもの打ち放題のようにばこばこ打つと体力の消耗が激しそうなので、打っては画像でチェック、打っては素振り。
私にしては暑いんだけど、普段の三倍くらい頭使って練習できたかも。 笑


で、アプ連へ移動。

IMG-3473.png

アプ練場はラウンドから上がってきた人もカートで通る場所なんだけど、もう格好に気遣ってられない。
多分、ゴルフ場の人も救急車を呼ぶくらいなら多少見苦しくても見逃してくれだろうと勝手に決めて、保冷剤、そのまま首に巻き付けての練習。

しかし芝って暑いですね、照り返し。
後半はバンカー練習もしたけど、砂の中はなお暑い、いや、熱い。

こうなったら気持ちから持って行こうと、「さむーさむさむさむー」と口に出していってみた。
口に出すと脳がそう思い込むかな、と。

「手が凍えるわー震えるーむりー」とか。



効き目ゼロだった。


それにしても見上げると青い空。

ふー。


暑い。

でもやっぱ夏好きだ!
「部活」っぽくやるんだよ、声出していくんだよ!


水分摂っても摂っても瞬く間に体から蒸発していくあの感じ。
気付いたら服に塩の線が浮いてくるあの恥ずかしさ。
もうええわと思って、水を被ってもあっちゅー間に服が乾いてくるあのお気楽さ。

夏ーらぶー。


「暑い」と書いて「楽しい」と読む。

そんな練習でした。


IMG-3492.png


これはちょっとひいたけど。
駐車場に止めてたら43℃になってた。

posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

渋野日向子選手、おめでとう!

すごかったーすごかったーすごかったーーー!


昨日夜に全英女子オープンの録画を見たのだけど、渋野日向子選手がなんと優勝しちゃいましたねー。


もう、昨日家に帰るまでは完全ネットニュース遮断して、録画を見るときもHDDのタイトルを選ぶときに録画最後のシーン(大抵優勝者がトロフィー掲げてるところなんかが映ってたりする!)を見ないように気を付けて、そんでもって晩ごはん食べながら見始めたんですけど。

出だしは落ち着いてるなと思ってたのに4パットにはびっくりした。
でもそこで崩れなかったのがすごいとこ。
しかもパッティングにショートはなかったからなー。


だけどハーフ終わって首位とだんだん差がついてきて、テレビに映らないところも増えてきて。
はらはらしたぞ。

で、なんとなくホールを消化するにつれてストーリーを考えちゃうんですよね。
三日目までは首位だったけど、最終日惜しくも...とか。
でもよくがんばったね、とか。


いやいやいやいやー!
まだ残りホールがある!


幸いトップのサラスは優勝1回だっけ?
なので徐々にプレッシャーに悩まされるだろう。
やっぱり怖いのはランキングトップのコ・ジンヨンだよなー。

いやーしかしこのコ・ジンヨンのスイングって曲がる感ゼロですね。
体幹どんだけ強いのって感じ。
距離はさほどらしいけど、ショット力がすごいんでしょうなー。
スイング中びくともしない。
足の下から根っこ生えてる感じ。

と思ってたらモーガン・プレッセルがものすごい勢いで上がってきて。

目が離せない。


でもだいたいこういうときって、いろんなスポーツの国際試合を応援してきて「いつものパターン」ってるあるような気がしませんかね?


「あー惜しかったー」という例のあれ。



ちょっとそんな気持ちになりかけてたんですよ。
そしたら渋谷選手、バーディ取るじゃないですか!
すごい気持ちの強さ。
どこだっけ?ドライバーでワンオン狙ってギリ成功したところ。
あれにはたまげた。

(でも打った瞬間「あれ?」って言ってたのには笑った。)

ここで私はこのニコニコしてる女の子の度胸と冷静さ、タダモノではないと思いました。

あ、それとこの時の綾子さんの「っくーーーー」みたいな声とも判断の付かない喉の音みたいなのにも共感した。



で、最後のパッティング。

入れちゃうんですねー。
すごい。

外れてたらもう大オーバーですよね。
ねじ込むってやつ。
きもちいー。




あーおもしろかった。
最後は感動して泣きましたよ。本人は泣いてないそうですけど。





本当にオリンピックの選考、混沌としてきましたね。
やってる方は大変だけど、見てる方は、ほんと楽しい。


あ、彼が最後まで渋野選手のことを「日比野、日比野」って言い間違えてたけど、実況も「ひびの選手」って言い間違えてましたね。 笑







posted by ティー at 07:58| Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする