2019年08月30日

秋雨シーズンに超絶便利お道具

秋雨前線やってきた。


あーん、もう雨ってだいきらいだー。

しかし諦めて、レインブーツ(というより長靴)を履いちゃうと、これ、ちょっと楽しい。

「雨雨降れ降れ母さんがー♪」


あの気持ちちょーわかる。
普通の靴だったら絶対通れない水たまりをざぶざぶ歩いて行けるし、足は濡れないし。
楽しい。



しかし。



目的地に着いて、さあ長靴を脱ぐって時。
この時ま困るっす。


脱げないの。
全然脱げない。


まあ脚が細かったらいいですよ。
ぶかぶかの長靴だったらさっと脱げるでしょう。

しかし私の脚は太い。
長靴ぴったり。


これに加えてストッキングを履いてないともー大変。
あの大変さは経験したことがない人にはわかんないだろうなー。

長靴の口(?)と脚がぴたーっとくっついちゃって、中の空気が漏れないようになっちゃうのです。
まさに「真空パック」。
そーすっと、脚を抜こうとしてもびくともしない。


一度お座敷のお店に行ったとき、長靴履いてて往生しましたよ。
彼に引っ張ってもらった。

ま、コツはぴたーっとくっついてる口の部分に指を差しこんで空気を入れ、そうしてもぞもぞと少しずつ脚を引っ張り出すんだけど。
片足に三分くらいかかる。
わりとイラーっとくる。


前の長靴なんて、脚を引き抜く際に履いてる長靴をもう一方の脚で踏んでたから、くるぶしの辺りが破れてしまった。

そんなこともあり、「この悩み、私だけではないはず」と思って調べてみた。
すると、やっぱり世の中に私と同じことで困ってる人、たくさんいたんですね。

で、そんなときには必ずあるんです、お助けグッズが100均に。


さすが100均。



買ってきた。


IMG-3630.png
「シューストリッパー」という商品名

もともとは乗馬用のブーツを脱ぐとき用のものらしい。
それにはちゃんと名前もあって、「ブーツジャック」というお道具だそうです。


やってみた。
くぼみに長靴の踵を入れて、もう一方の脚で手前を踏んで押さえ、そして脚を引き抜くだけ。

IMG-3631.png


もう少し踵を入れてと。
IMG-3632.png

片側の足も、お道具の真ん中くらいまで踏んどかないと、お道具、折れちゃいそう。




な、くらいに踵ホールドされます。
そして片足で踏んだまま長靴の中の足をもぞもぞするとらくーに抜けまひたー♪

かがんだり、指を長靴の口に差し込んだり、ふらつくからって下駄箱で体を支えたりする必要全くなし!
きゃーらくー!

イライラ感ゼロ。
超絶すごいっす。



IMG-3633.png

脚が抜けた後、踵をお道具から外すのも大変なほど、踵ホールドされております。


いやー、素敵お道具。
これで100円。



家用と職場用に二つ買いました。
これで長靴で出かけて、お座敷のお店に行くことになっても、密かにこのお道具をバッグに潜ませておけば、恥ずかしい思いをすることはない。んなこたないか?

秋雨シーズン、ちびっと楽になりまひた。







posted by ティー at 07:58| Comment(0) | お買いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

念願の背中までくる枕を買った

今年のゴールデンウィークの頃、ニトリで寝具関係のものを買いました
その頃から彼がずーっと言ってた「低反発で背中から頭にかけてつながってるどでかい枕」。
それで寝たらさぞかし安眠できるんだろうなーと。

そんなことを言ってたら、テレビショッピングでやってるじゃありませんか!
しかもシングルしかないと思ってたらダブルもあると。


「〇〇ちゃん(これって何か企んでるときに限っての呼びかけ方)、お誕生日のプレゼント欲しい?」
「えーわ。おフレンチ食べさせてくれるんやろ。それだけでええわ。」
「でもなんか欲しいやろ。買ったろか?」

「シャフトー」
「いや、枕どう?」
「えーーーー。自分で買いー。」
「でも半分だけ買われへんやん。買うならダブルやろ。お誕生日のプレゼントに買ったろ」


こうして今年のお誕生日のプレゼントが無理やり決まったのでした。

すぐに来た。

IMG-3521.png
ショップジャパーン!


IMG-3524.png
トゥルースリーパー セブンスピロー

・68cmのロングサポート設計により、頭から背中まで7つの部位を(頭・首・右肩・左肩・右腕・左腕・背中)を支える。体圧を分散させるから睡眠中の肩・首の負担を軽減
・人間工学に基づくボディーフィットカーブだから、寝ころぶだけで、頭・首・背中のラインを隙間なく支える
・体温・圧力に応じて変形させる低反発素材「スムース・ヴィスコエラスティック」を採用
などなど。

高さ調整のために大小のスポンジも入ってます。



ところで、枕といえば。
今は当然別々のものを使ってますが、一緒となると心配なのが汚れ。

なにせもう地肌丸出しの彼ですからね。
枕カバーがすっごく汚れるのです。
脂滲み出とるんちゃうかと思うくらいに。
いや、そうなんでしょう、滲み出てるんでしょうよ。

なので一体化された枕で彼の方ばっかりカバーが汚れたらなーいややなーどーしよー。



やたらと新品のバスタオルを持ってる私。
家の中で一番長いのを出してきました。
そしてそれをカバーの上にさらにオン。

これでなんとか問題は軽くなるのではなかろうか。


寝てみた。

IMG-3540.png


首回りに段差が生じないから確かに寝やすい。

この寝心地、なにかで知ってる!と思ったら、いつもお世話になってるマツエクのお店のベッドの寝心地そっくりだった。
マツエクの時、必ず寝入ってしまうことを考えると、やっぱ寝心地いいのかな。

彼は私より気に入ったみたい。


バスタオルもひいてしまうと意外にカバーに張り付いて動かない。

いやーそれにしても上の写真を見て、今年は寝具をいろいろ買ったなと思う。
冷たいシーツにその下の「マットレストッパー」なる低反発マット、そしてトゥルースリーパー セブンスピロー。
ま、人生の三分の一寝てると思えばそれくらい投資しても損はないか。


あ、セブンすぴろーにはこんなのも付いてました。

IMG-3525.png

ゴロ寝マット。
ちょうどいい硬さ&大きさの低反発マット。


まさにゴロ寝に最適。










posted by ティー at 07:58| Comment(0) | お買いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

首掛けのミニファンで気を付けること

金夜!
今夜は「真のお誕生日ディナー」なのであります。
雨の中最近ほぼはかなくなったヒールでやってまいりましたよ。
なんでこんな日に限って、それも通勤の時だけ雨が降るんでしょうねー。

ま、そんなことはもういいや。
がんばって仕事しよー。

さて。

少し前にこんな記事を書きました。


首掛けのミニファン、9月のタイ旅行で安く買おうと思ってたけど、どうせ買うなら早い方が使えるわ!と思い。
お盆ラウンドに入る前に何とか間に合うようにアマゾンで注文。

プライム会員になったらラウンドの前日に届くっていうから、わざわざプライムお試し会員になって注文しましたよ。

そしたら届いたのがラウンドした日の夜...。


アマゾンのやつめ。


ラウンドに間に合わすために、色は妥協したんですけどー。
ほんとはアイスブルーが欲しかったけど、それは数日かかるって言うからしゃあないとあきらめてオレンジにしたんですよ。
それなのに間に合わなかったとは。
だったら最初からアイスブルーにしてたー!!!


IMG-3546.png
おせーわ、アマゾン


IMG-3547.png


オレンジ、完全にジャイアンツ仕様でした。
せめて濃いグリーンにしとけば...。


しかしこれ、ほんといいです。

IMG-3556.png
実家にて お手伝い仕様です!


お盆中の実家での各所掃除作業に大活躍。
ぞうきんがけも顔に風を受けながららーくらく。
お墓のお花立ても両手に花を抱えて顔には風。
ちょういいです。



一回の充電で、前に持ってたミニファンの何倍も持続するし、風力も三段階。

で、お盆最後のラウンドには持って行きました。


さすがにフルショットは無理だけど、アプ練パタ練にはOK。

ラウンド中も、ティーショットのときは外して打つけどセカンド地点へ歩いて行く時は首に引っ掛けてきもつえー。

ただ、パッティングの時は下を向くとファン部分の丸いのが目に入るので邪魔かと思いファン部分を背中側にひっくり返してやりました。
するとどこかのホールでパッティング中にファンがぼろって落ちたので、それ以降は普通に正規の引っかけ方のままパッティングしました。
別に気にならない。


ただ唯一。

風力を2とか3にすると「うぉーーーーーーーーーーん」と結構な音がするみたいで、他の人のパッティングの時は付けない方がよさそう。
なにかの「羽音」みたいな感じで、周りの人が「あれ、なんか飛んできたか?」ときょろきょろするレベル。
でも自分はさほど気にならないんだよねー。

なのでこんな笑っちゃう出来事がお昼休みに。

お昼ご飯のあと時間があったからパッティンググリーンで友達と練習をしていた。
他にも五、六人ほど練習していた。

そこへ彼が何やら言いながら、しかも身振り手振りでなにかをやめろというふうな仕草をしながらこちらにやってきた。

「???何?聞こえへん」


すると身振りはもっと大きく!

「え?何?なんてー?」



ファンを止めて彼の方に近寄って「なにー?」と聞いた。


「声デカい!丸聞こえ!声デカすぎ!!!」



きゃーーーーーーーー!
ファンを最強3にして、ずっと友達としゃべってました。
ファンの音がうるさいから、自分の声も大きくなってたんですね。


友達に、「打てば入る!ほら、打てば入る!打て!もっと!」とか、「ただでもらったボールやから粗末に扱ってるんやろ―」とか、本当にくだらない話をずーーーーっとしてました。

その間グリーン上では他に話してる人、いなかった気がするなー。
みんな黙々と練習してた。

グリーン横で待機していたキャディ君に「私声大きかった?」と聞いたら、「はい、全部聞こえてましたよー」と。


これだけは要注意。
ほんと注意しましょう。






posted by ティー at 07:58| Comment(0) | お買いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする