2016年01月20日

車における完全性悪説

寒い。
寒すぎる。

今朝は私的吹雪の中を駅まで走った。
大阪に出てきても小雪ちらついてたから、やっぱよっぽど寒いわ。


昨日十三のヴァリオというお店に行った。
100%彼は嫌がるだろうなというスツール、でもないか、背もたれは少しあった、足の高い小さな椅子のお店。
前面ビニールシート。
しかし中はおしゃれ系バル。

無理やり連れて行った。
「この寒い日にわざわざなんでビニールシートの店に行かなあかんねん」と彼は言う。
しかし中に女性ばかり数人入ってたから、「大丈夫。女の人が軽装で飲んでるやん」と引っ張り込んだ。



しかし寒かった。
足もとに外からの冷気ががんがん入ってきて。



私がそれでもワインを一本頼むと彼はわざとらしく驚く。
「え!?一本も飲むの」


早々に退散したい気持ちをオーバーアクションで表現中。


子供か。


そして焼酎がないことを知ると竹鶴のお湯割りを注文。


20160119_185444.png



すねてあまり食べようとしないから、私が好きなものをがんがん注文してやったばーか。


20160119_194555.png


おいしかった。
安いし。


また来たい。
女子と。


おっさんはえーわ。
ぷぷぷ。



しかし寒いのー。


ところで今日の本題はこちら↓


接触事故に遭い編み物をする気が失せてしまったと書いたけど、それよりもがんばっていた「脱ペーパードライバー」への気持ちがかなり萎えてしまった。


やっぱ車の運転って怖いわ。



そもそも私が車の運転が怖いことの理由で大部分を占めているのは、「他人は信用できない」ってこと。


だって面と向かってる場合でも、いい悪いは別としていきなり理解不能なことをする人もいるのだから、車に乗ってる場合なんてなおさら車外の人が何を考えているかなんてわからない。
どこの路地から車が出てくるか分からないし、子供の飛び出しも十分あり得る。
目の前の原付がいきなり転倒するかもしれないし、対向車がわき見してるかもしれない。

そんなことを考えていると、避け切れないスピードで運転なんてできないのだよ。


しかし一般的に車の運転って互いの「そんなことはないだろう」の暗黙の了解、善意の輪、「しちゃいけないことはしないよ」という信頼関係の上になりたってますよね?


私はそんなのまーったく信用しませんよ。




とまあこんなことを考えながらもびくびくしながら運転を少しずつし、少しは他人さまを信頼できるようになりかけていた矢先にこれですよ。

ありえない接触。


だから他人は信用できない。
「なぜそこで出てくる?」



ふー。
せっかくやる気になってたのにちょっと怖くて今は運転自粛中。


代車っていうのもあるんだけど。




あー、なんだかこのまままた完全ペーパードライバーに逆戻りの予感。
夏には一人で運転できてるかなーなんて妄想を膨らましてたけど。


がんばれるかなー。
早く車直ってほしいなー。






posted by ティー at 08:21| Comment(0) | 脱パーパードライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

ここ10年くらいで一番の挑戦!

この週末のスポーツは堪能したな。
久しぶりの大学ラグビーとJTカップ。
遼君が勝ってやっぱうれしいじょせいごるふぁん♥

で、自分のゴルフはと言えばつらいものだった。
これはまた後日「いましめ」として書かないと。


で、今日は今一番の課題について。




ゴルフをやってる人に欠かせないもの。

それは車ですね。


いや、それは違うか。
前にご一緒した方は毎ラウンドごとにレンタカーを借りてるとおっしゃっていたし、これからはカーシェアリングもより普及していくんじゃないかとも思われるから、必要なのは車じゃない。


欠かせないのは「車を運転する技術」なのですねー。


いやはや。

もちろんこれまで技術がなくてもいつも助手席に乗り込んで練習もコースへも行くことができておりましたが、やはりこれには限界がある。

だって一人で行けないんだもーん。

二度ほどラウンドしない彼にゴルフ場に送ってもらったけど、これは申し訳ない。(私がラウンド終了するまでの8時間ほど、彼は近くの練習場で誰にも邪魔されない充実した一人練習をしてたそうだけど。)


それにときどきは運転も変わってあげたいじゃないですか。
変われるもんなら。


それにそれに、私たちの夫婦げんかの原因第一位は「彼の車の運転」。
まーヤカラそのものみたいな運転をなさるので、隣の私はひやひやするか怒るかのどっちか。
なのでそれなら自分で運転したらいいのでは?となる。




まあとにかく契機となったのは、上の私だけのラウンドのとき。
運転必要だなーと痛感した。
それにそのときご一緒したお姉さまたちが「絶対運転できた方がいいよっ」と応援を。


なので申し込んでしまいましたよ、ペーパードライバー講習。



まずそのお話の前に私の紙歴をお話しするとすると、免許を取ったのがかれこれもう20年以上前。
その後5年ほどペーパーで、一度田舎の実家に帰ったときに車がないとさすがにやばいと思いペーパードライバー講習を一回受けて少し運転するように。(つまり人生で二度もペーパードライバー講習を受けたことになる。ぷぷぷ。)
しかしまた実家を出たので車を運転する機会もなくそのまままたペーパーまっしぐら。

こうして結婚し、今のうちに引っ越してから、またしても車がないと不便だわと言うことで一度ハンドルを握ってみた。
場所は開発途中の新興住宅街。
なので道路はきれいに区画されていて、家もさほど建ってないから人も少なく、絶好の練習場。

しかしエンジンのかけ方からわからないし、車が動くとどこいくかわからんという気持ちからアクセル踏むのも怖い。
向こうから犬の散歩の人が来ただけで、時速10キロで大慌て。


この練習が逆に恐怖感をあおり、その後全く運転する気が起こらなくなってしまったのであった...。
くっすん。


まーとにかく、車幅が分からないから左折ができないのですよ。




で、今回紙講習を申し込んだのが沖縄から帰ってきた11/23。
「体験」で1回100分8000円ほど。


教習車でうちまで来てもらって、車の中で教習スタート。

まずは死角の説明とか、カーブの時のコツ(目線を遠くに、曲がる反対側の線を見るとか)などを教えてもらい、徐々に車の運転するんやなーという気持ちを高めていく!?
まじ教習所のテキスト置いとけばよかった。
今ならすごく熱心に読みそうな気がする。

その後ミラーとか座席の合わせ方を教えてもらい、いったん近くのコンビニまで先生の運転で。

で、またそこで、サイドミラーと死角の勉強。
死角ってこんなにでかいの!?
完全巻きこみそー。

ちょっと怖くなってきた。


と思ったら、じゃあそろそろ運転してみましょうかと先生が軽く言う。



おいおいあんた、なにもわかっちゃいねーな。
というかあまりに命知らずだぜ。


ほんとにわかってないわと思い、「私、予想以上にやばいですよ」と言ってみた。

「大丈夫、たいていの人は見てきてますから」。


私がその「たいてい」の枠から大きく外れてたらどーすんだよー。



心の中で言い返したけど、さすがに運転しないと始まらないことも分かっていたので、しぶしぶ運転の準備。

しかしコンビニ出たらそこはもう公道。
車がどんどん通っとるがな。


ブレーキ踏んで、エンジンかけてサイド引いて、ドライブに入れたら...。
ドライブに入れてサイド引くの?
どっちが先?どっちでもいい?


とにかく車って動きますねー。ドライバーが誰であれ。


駐車場内は広いのでわりと気楽に駐車場出入り口まで車を動かして。
問題はそこから。

いきなり苦手の左折。
どんだけハンドルまわしたらいいか分かんない。

なんとか先生の補助で公道の、左側に車が収まった。

そしてそこからは少し前の踏切でノロノロ運転だったので、「おおー、わたし運転してますねー」などと言う余裕もあり。

踏切もクリア。
しかしその先は混んでる交差点。

ここで右折。

の前に車線変更。

なんか緊張しててあんまり覚えてないわ。
ブレーキ踏んでるけど、先生も補助ブレーキをかけてるし、ハンドルも曲がるたびに補助してくれるからどれくらい自分の運転してるか分からない。


でも徐々になれてきた。
広い道路だからな。


こうしてあっという間の100分。
この体験のあともう少し本講習を受けようかなと思っていたけど、意外にイケた気がしたし、先生も「あとは練習のみ」と言ってくれたので、講習は体験で終了。



この日午前の体験講習でかなり消耗しつつ興奮覚めやらぬ状態。
午後はゴルフの練習予定。


と思ったら、彼がなんと「もっと(私に)運転させなあかんな」と。


まじ!?


でも私も乗らないとダメってことは分かってたので、練習場へはいつもの狭い山道をやめて普通の道を選択。そして途中で運転後退。

こえーーーー。
駅前の大きな交差点なんとかクリア。
二車線の車線変更かなり危ない。

てなことをしつつ20分ほど運転。


かなり怖かった。
人がいるとアウトだわ、と思ったら幸いなことに車道で人や自転車を追い越さないといけないことはなかったのでセーフ。


なんといっても回数回数。
一日で二回も運転しちゃったぞ。


で、その夜。
やっぱイメトレでしょ。


ってことでまたも取り出したのがこちらのDVD。


20151123_212335.png

yes, ご存じイニD。

20151123_212752.png

第一話から見るですよ。


20151123_212651.png


20151123_212428.png


タクミの助手席と私の助手席はどっちがこわいかなー?てへ。


20151123_213655.png



あと半年経ったら一人前になってるでしょうかねー。


歳を経るとなかなか「挑戦!」みたいなことから縁遠くなるのだけど、これはまさに「挑戦!」だわ。
前回の「挑戦!」はなんだったかなー?
忘れた。

まあいいや。
命懸けなんですよ今回は!!!
擦ったときの修理代なんてのも頭にちらつきますしねー。


また続きはアップします、順調であれば。
ブログの新カテゴリまで作っちゃった。えへ。


記事がなかったら、「諦めた」と思ってください。




posted by ティー at 07:35| Comment(0) | 脱パーパードライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする